■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

娘。の相関図はごちゃごちゃなわけで。

1 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:12
プラチナの頃の9人のギャグ物を書かせていただきます。
キャラ付けのため、
某リーダーの訛りがおかしかったり、
某うさちゃんピースの人が2ちゃんねらだったり
いろいろありますが、ご了承ください。
2 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:21
「絵里、さゆの事が大好きなんだけど」
 ぽけぽけのテキトー女が、
珍しく真剣な顔をして、
道重に愛の告白をしていた。
「うん?いや知ってるよ?
 だいたいさゆみ達、
 付き合ってるんだし。」

3 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:23
「それでも!
 絵里はさゆのことを
 こんなに思ってるわけだよ。」
「うん、ありがとう!
 でもそういうことは、
 楽屋ではやめようか。」

4 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:23
 亀井の告白は、
あまり頼れないリーダーとか、
なっち大好きなサブリーダーとか、
貧乳な猫とか、
ヘラヘラコハハハハハな人とか、
ドラえもんなお寺の娘とか、
バナナな中華とか、
バッチリデースな人とか、
が目撃していた。
5 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:35
「むーう、いいじゃん
 絵里ちゃんみんなに
 見せつけたいー!」
「ハイハイ。」
 一見、亀井の方が
気持ちが大きいように見えるが
そういうわけでもない。
 道重は、亀井の
いないところでは
亀井大好きオーラを
出しまくっていたりするのだ。
6 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:36
「むーう、いいじゃん
 絵里ちゃんみんなに
 見せつけたいー!」
「ハイハイ。」
 一見、亀井の方が
気持ちが大きいように見えるが
そういうわけでもない。
亀井と仕事が別々な時
不機嫌な顔で
「絵里のバカ」
と、言っていたり
(これは亀井は悪くないと思われる)、
亀井と喧嘩をしたりすると
田中に八つ当たりしたり
(某クレ●ンしんちゃん
のねねちゃんのママの
ウサギのぬいぐるみの
ようなもの)など、
道重もえりりん大好きなのだ。
7 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:37
 ちなみに道重が
持っているものは、
ほとんど亀井のメンバーカラー
のオレンジで統一されている。
8 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:38
亀井と仕事が別々な時
不機嫌な顔で
「絵里のバカ」
と、言っていたり
(これは亀井は悪くないと思われる)、
亀井と喧嘩をしたりすると
田中に八つ当たりしたり
(某クレ●ンしんちゃん
のねねちゃんのママの
ウサギのぬいぐるみの
ようなもの)など、
道重もえりりん大好きなのだ。
9 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:39
8は、6の訂正です。
いろいろ間違えてごめんなさい!
10 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:51
「全くぅ、さゆも素直に
 なればええがし。」
 テレビ局の廊下を高橋と、
道重が歩く。
「愛ちゃんは、ガキさんに
 気持ちを伝えてから、
 さゆみに指南してください。」
11 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:52
「うっ…
 で、でもなぁ
 あーしは、ガキさん
 大好きなんや。
 ちゃんと、態度に表して
 るしなぁ。
 たとえばテレビの収録で
 隣に座るとか。」
「それはリーダーサブリーダーと
 してでしょ。
 愛ちゃんが座りに行かなくても
 スタッフさんに指示されるの。」
「そ、れはぁ…」
12 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:53
「もうさゆみ楽屋に戻るんで。」
 道重は、高橋と違う方向に曲がった。
「さゆー!」
 高橋が、道重に向かって
大声を出した。
「うるさいなの…」
 そっとつぶやく。
13 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:54
「さゆー!
 あんなぁ、時には
 素直にならんと
 誰かに亀取られて
 まうわぁー!
 だから…」
「うるさい!」
 道重も大声で叫んだ。
「そんなのわかってる!
 愛ちゃんは
 黙ってて!」
 道重は、足の速度を
 速めた。
14 :なっとう。 :2010/12/27(月) 13:55
今日の更新終了。
短くてゴメンナサイ。
15 :なっとう。 :2010/12/28(火) 12:05
「さゆ…
 あーし、さゆに悪いこと言ったんやな。
 すまん。」
 高橋は、独りそうつぶやいた。
 
16 :なっとう。 :2010/12/28(火) 12:06
「田中、愛してるダ!」
「あーーっ!もうジュンジュン!
 うるさいっちゃ!」
「田中大好きー!」
 ジュンジュンと田中は
メンバーに秘密で付き合っていた。
 そしてジュンジュンは、亀井と同じく
ストレートだ。
 しかし亀井と違うのは、
これが人前じゃないというところだろう。

17 :なっとう。 :2010/12/28(火) 12:08
 今、二人がいるのは誰もいない楽屋。
もし誰かが帰ってきたら、という
スリルがあるからかジュンジュンはいつも
ここで田中とイチャイチャしていた。
18 :なっとう。 :2010/12/28(火) 12:10
「田中、キスしてイイカ」
「は?ここ楽屋やろ!
 いいわけないや…」
 田中が言い終える前に
ジュンジュンは熱ーい
口づけを田中にした。
 それはもう口づけと言うに
ふさわしい熱いものだった。
19 :なっとう。 :2010/12/28(火) 12:11
「もうジュンジュンのバカ…」
「キスしちゃダメカ?
 田中はジュンジュンキライナノカ?」
「だーっ!そういうわけやないって!」
「じゃあ、今のキス良かったカ?」
「え…もう…ばか。
 良かったっちゃよ…」
「じゃあもう一回スルダ」
「え…」
 その、まさに二人が口づけた瞬間
(おそらく舌は入ってるのだろう)
ガチャ、
「みんなーいるー?」
道重が、楽屋の扉を開けた。
もちろん、キスシーンは
バッチリ見えてしまった。
20 :なっとう。 :2010/12/28(火) 12:11
「れ、いな…?」
「あ…あはっさゆ、ハロー」
「あれッ…?二人付き合ってたんだ?」
「や、そういうわけじゃ…」
 そこに全く空気を読まない人が。
「ソウダヨ。ジュンジュン達、
 付き合ってるダ。」

新着レスの表示


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:5566 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)