■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

この海を抱きしめて

53 :花冷え :2016/04/10(日) 00:22

「良かった。これ……お詫びも兼ねてみたいになってしまったっちゃけど」

そう言って、田中さんは淡い色の包みを私に手渡す。

「えっ……?」

「開けてみて」

促されて恐る恐る包みを開封すると、そこには、桜のプリザーブドフラワーが姿を現した。

「誕生日おめでとう」
「……あ……」

私が求めて止まない桜の花。
今はもう、過ぎ去ってしまったもの。

息をするよりも先に、一雫の涙が零れ落ちた。
誕生日を覚えてくれていたという素直な喜びと、田中先輩に負担をかけてしまった事への後悔、やるせなさが入り混じり、素直にお礼の言葉も紡げない。

続きを読む


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:36490 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)