■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 301- 401- 501- 601- 701- 801- 901- 最新50

波浪風呂の決して終わらしてはならない歴史

1 :波浪風呂栄苦伝聞録 :2009/03/29(日) 17:27
夢板の「波浪風呂の決して終わらない歴史」の続きです。
永遠に続く事を信じて、こちらに書くことにしました。

前スレ ttp://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1164520025/
948 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/19(日) 21:58
噂によると、小{ちさ}さまの衣裳選びが、あまりにもひどいということで、
萩さまがその見立ての手助けをなさることになったそうである。
しかし萩さまはそんなに暇であられるのだろうかと思ってしまうのである。

話によると、結成して八年でようやく星慕は、まともなところで全国公演をなさることができるようになったそうだ。
これは星慕も勢いが出てきたということなのだろうか。

厚府圧譜(仮)の皆様方は世に出てからずっと疾走されて来て、
ふと感じておられることがあるという、
「いったい何と戦っているのだろうか?」と。
しかし誰も答えてはくれないだろうか。
そして今まで以上に走り続けなくてはならないだろう。

圭さまは南洋の地で結婚披露宴をおこなったそうである。
元妄結の方々の内、幼子を抱えておられたりして出られそうにない方以外に招待状をお送りしたのであるが、
実際出席なされたのは梨壷くらいであられたという。
時期が時期だけに家族旅行などですでに予定が入っておられる方が多かったのであろうといておく。
949 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/26(日) 19:52
先日に波浪風呂雛祭り公演で独唱できる権利をくじ引きで選ぶということになり、
全員が集まって抽選会がおこなわれた。
立会人兼司会進行役にには津運久から頼まれた浜さまがなされた。
とはいえ太臈ごときの指示になかなか従えるわけがなく、
終始ざわざわぐだぐだになっていた。
津運久の紋所は多少は効果があったようだ。

着席された椅子の裏に封筒があり、
当りは独唱できる回が記してあるという方式でおこなわれた。
その結果、一日目の昼は、竹さまと芽さまが、夜の回は、工さまと愛理院が、
二日目の昼は、清竹さまと福音祠が、夜の回は、勝さまと岡聖堂ということに決定した。
須舞から4人も選ばれたのに果汁須からは誰も選ばれなかったことに対して、
汚多の間ではなにかと問題にする動きが出るだろう。
950 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/26(日) 19:56
>>949
間違ってる部分があるので前面訂正

先日に波浪風呂雛祭り公演で独唱できる権利をくじ引きで選ぶということになり、
全員が集まって抽選会がおこなわれた。
立会人兼司会進行役にには津運久から頼まれた浜さまがなされた。
とはいえ太臈ごときの指示になかなか従えるわけがなく、
終始ぐだぐだになっていた。
津運久の紋所は多少は効果があったようだ。

着席された椅子の裏に封筒があり、
当りは独唱できる回が記してあるという方式でおこなわれた。
その結果、一日目の昼は、竹さまと芽さまが、夜の回は、工さまと愛理院が、
二日目の昼は、清さまと福音祠が、夜の回は、勝さまと岡聖堂ということに決定した。
須舞から4人も選ばれたのに果汁須からは誰も選ばれなかったことに対して、
汚多の間ではなにかと問題にする動きが出るだろう。
951 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/26(日) 19:57
植さまが野菜を種から育てることになられたという。
その話を聞いて、多くの汚多は、鞘さまと同じ結果になりそうだと危惧しているようだ。
そして最後までまともに成長することを祈っていると書いておこう。

そういえばいつの間にか留学された光さまも、何やら野菜を育てられているようである。
部落格を見たところ、うまくいくような気がする。

某野について汚多どもはどうしてこの頃活動なさらないのだろうと論議しているようだ。
そしてその原因は資金援助をしているピザ屋の親父が、あまり金を出さなくなったからだとか、
どなたかが忙しくなって、本体と個人のお仕事を優先なさっていることからだということになったようだ。
そういえばその方の代りに千聖人が加わりたいと発言なされていたという噂がある。

噂話なのだが、鈴の音はようやく花如こと花音峯と親しくなられて、
香音峰とも名乗られることを許されたそうである。
またこの頃、空さまは仲間内から沼さまとも呼ばれるようになられたという。
952 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/26(日) 19:58
例の津運久の重大発表がおこなわれ、
妄結'14がお笑い集団「森三中」と合体して、「森娘。」としても活動することになるらしい。
この裏には大人たちの黒い事情があるといわれている。
津運久は妄結'14のさらなる飛躍のためには、必要なことだといっているようだが、
それはまず本心ではないとのことである。
それに対して妄結の皆様方は戸惑い、そして森三中に対して不満を持ち、
さらにひとりが妊娠して仕事ができなくなるから、この期に新しい方面にめざすために津運久を脅して今回の仕掛けたのだと思っているのである。
さらに本日のことを承認した津運久への疑惑、そしてそういうことをする大人への不信感へと発展しているようである。

一方森三中のふたりは中心位置を奪うべく、いろいろ画策しているようである。
それとともに愛奴瑠になるための自主練習に励んでいるらしい。
その後どうなるか期待せずに見守っていくことにしよう。
953 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/26(日) 19:59
厚府圧譜(仮)は台湾での公演をなされたが、なかなか好評であったそうだ。
そして現地で行啓をなさったそうだ。
そしてできればまた台湾での単独公演をなさりたいと思っておられるようである。

そういえば那智が卯月中旬に沖縄へ行幸なされるという。
なんとも微妙な時季になさるものである。

ところで里さまの夫が、米国で仕事をすることになり、
転居なさることになったそうである。
それでも今まで同様に部落格をお続けくださるそうで、
喜ばしいしだいであると書いておく。
954 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/01/26(日) 20:00
どこからかの話によると、
仙さまは「愚裸美亜」女王の選挙でどうにか首位となられ、
その御褒美として南の島での写真撮影をなされたという。
とにかくお喜び申し上げることにしよう。

それより喜ばしいことに、友さまは文月にある南米での日本文化を紹介する催し物に招待されたそうで、
これで世界的に知られることなられることをお祈り申し上げたい。

ある汚多の話によると、
その昔、哀さまが波浪風呂の皆様方に忠誠を誓わせる演出のある公演をなさったように、
今回、重さまは妄結の皆様方に忠誠を誓わせるような振り付けのある新曲を作らせたようだという噂が出ている。
どこまで真実であるかわからないが、まったくの嘘ではないと思う。
955 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/02(日) 18:10
小田柵は素晴しい御発言をなされたという。
その一部を紹介すると、
幸福というのは期間ではなく、そう感じる瞬間が大切なのだという。
この御言葉に感銘を受けた汚多も相当いるようである。

そういえば辻さまは最近、病で何度か寝込むこともおありであるようだが、
それでも家族が心配して気遣ってくれることで、
ないものにも変えがたい嬉しさがこみ上げてこられると書いておられることからも、
そうなのだろうと思えてくるのである。
956 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/02(日) 18:10
ある筋からの話によると、
津運久が妄結をより発展させるために、ひとりひとりに励ましの文を贈られたという。
「まとめろ、美重道」
「魅せろ、譜久娘」
「でしゃばれ、生衣蔵」
「引っ張れ、鞘師廠」
「わらえ、鈴香嶺」
「おだてろ、春壇」
「踊れ、田佑屯」
「落ち着け、佐樹構」
「突っ走れ、藤遥鎮」
「歌え、小田柵」
それを知った汚多どもは、指導点が何かずれているという感想を持ったようだ。
957 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/02(日) 18:11
昨年、仏蘭西の玖都汚多が署名活動をおこなって玖都が巴里で公演なさったことから、
辺利汚多が署名活動をおこなって招致をめざしているそうである。
それで今年は辺利頭が欧州で公演をなさるだろうと勝手に予想している。
それでも吉家が文月に南米での催し物に招待された事の方が、すごいことのように思える。

桜さまは以前から自撮りの技術をあちらこちらから仕入れなされて、
この頃自慢気に公表なされている。
これに引き釣られたのか、
波浪風呂の皆様方も自撮りの研究に余念がないようであられる。
これで自撮りの技術は進化していかれる傾向にあると汚多どもは口を揃えて申しておるようだ。

炉理根好きの汚多は、しばらく前までは愚智とか皆民改め皆姫などを推していたのに、
今では鋼{はがね}姫や船さまなどに推し変しているようである。
時間の経過というものはおそろしいものである。
958 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/02(日) 18:12
妄結の四作連続週間一位を祈願して、
重さまの先祖が九十年程前に法主をしていたという寺に、
それもその法主の命日に参られて、新曲販売好調祈願をなさったという。
そしてそのついでに今年の紅白出場を祈願されたという。

そんな妄結の快進撃に対して、
いろいろ悔しい玖都であられるが、
今度こそは新曲が週間一位をとれるよう、
そして本職の公演についても、何かすごい記録を打つ立てようと強く宣言されたそうだ。

そんな中、那智などはこの日が妄結の大々的に世に出た記念日であることを強調されていた。
そして十六年間に見る影もないほどに変わり果ててしまったことをしみじみ思われたことだろう。
959 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/02(日) 18:13
香菜姫こと金難は「阿呆は風邪を引かない」というのは本当だろうかと、
いろいろとお調べになられたという。
その結果、小さな事を気付かずに気楽に暮らすことがよいのだと悟られたようである。
これからは真面目に物事を考えすぎたことがあったことを実感なされ、
これからは少し気楽に生きていこうと思われたそうだ。

聞くところによると、波浪風呂で植物の缶詰を栽培することが流行りだしたようである。
といっても確認できているのは、宮さまと工さまだけのようであるが。

琴さまは同期の皆様が活躍しておられるのをみて、
形式的なこととはいえ、後方支援的な命婦から名実ともに最前線的な判官となられた。
逆に無期限活動休止中の知さまは、いつ戻ってこられるのか判らないとして、
命婦になられたという噂が出ているみたいだ。
960 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/09(日) 21:35
厚府圧譜(仮)とは指導者というべき者が前にはいたけど今はいないのである。
そこで頭{ボス}を選ぶことになった。
誰かの気まぐれで成人(18歳以上)を有権者と決められ、
その年齢に達していない真穴と亜図は、頭選定委員として審査することになった。
まずくじで選んだ題で弁論をおこなって、最もへたな者が退場することになり、粉姫が除かれた。
次に色気量対決ということで、どれだけ色気があふれる発声をして、
へただった仙さまが退場なされた。
その次は運試し対決で、辛子寿司を召し上がった、最も不運な綾乃間が退出なされた。
次に動きの切れのよいのかの判定で、万歩計を体につけて、最も少なかった森さまが退出なされた。
その次には絶叫力対決をおこない、絶叫力がないと判定された灯姫が退場なされたのだが、
いろいろあって今までの対決はなしにして、
最終対決として、辛子のない菓子を召し上がった方が、頭{ボス}とすることになった。
ところが灯姫と三位子のふたりがおいしくお召し上がりになられた。
それで賢い友達がいるか対決で、「室町幕府の八代将軍は誰か?」を答えられる者を見つけた方が頭ということになった。
そこで森さまが一番先に正解を答えた友がいたため、頭{ボス}となられたという。
961 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/09(日) 21:36
ところで厚府圧譜(仮)の全国公演は今のところ大好調で、
水無月の初日に待望の中野の大会場でできることになったそうである。
推している汚多どもは全員集結するようにと、とりあえず言っておく。

札幌の小鹿達は地域の公式戦の最終戦で勝利し、総合成績は四位となられた。
来期はさらによい成績を上げられるように期待していると書いておこう。

ある雑誌の扱いから、辺利頭の愛奴瑠として規格外のふたりを排除しようとする動きが、裏の神々にあるように思える。
汚多の総意としては規格外の方がおられるから辺利頭の価値があると考えている。
962 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/09(日) 21:37
桃黒の子分である蛸虹がこの頃勢いが増しているという噂が、波浪風呂にまで聞こえてくるようになったようだ。
そんなある時、桃智と鞘丸が顔を合わせることがあったそうな。

「桃智先輩、大変ですよ!
先輩の名を真似たあいつらの子分で、
私の名を真似たやつらがでてきたそうですぞ。
このまま許すべきではありませぬ。何か法的対抗策を・・・」

「鞘丸よ、あわてるにあらず。
その子分とやらは、蛸虹とか申す者であろう?
真似たといっても、そなたの悪口用のあだ名に似ているのであろう。
誰がそんなあだ名を集団名にするだろうか?」

「いやいや、わかりませんぞ!
意味もわからず、人気があるから真似たに違いありませぬ!」

「そんな馬鹿以下の考えをするから蛸壺などと言われるのだ!」

・・・などとくだらぬやりとりがあったそうな。
963 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/09(日) 21:38
ただこんな呑気なことをおっしゃっておられるのは、
妄結が四作連続週間一位をとられたからであろう。
それから小田柵が加入されてから週間一位が続いておられるから、
彼女こそ未来狂{ミラクル}幸運の女神だとある種の汚多から賞賛されているという。

ところである汚多の調べによると、
重さまは1位の記念ケーキの菓子板をかじる行事をなさっているのだが、
公開されている写真によるとこの四作とも参加なさっているのは、
鞘さま、窪さま、鮎民、優嬢、遥嬢であられるという。
これは重さまが深い関係になりたいと考えておられる方であるとか、
重さまとそのような関係になることを特に拒まない方だとか、
いろいろ意見があるようだが、真相はどのようなものであろう?
964 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/15(土) 18:08
蛸壷はあくまでも卑下した言葉だけれども、
石壷は最初はそういう意味であったけれども、
今では単なる愛称というものになっている。

それと同じように昔は愛媛が憧れの先輩にしなければならないような時代もあったけれど、
今ではお鈴の方など様々な方の名前が出てくるようになっている。
そういえば香音峰は昔はいろいろと虫の真似をなさっていたが、
最近少し品のない物真似ばかりなさっている。
その裏には真似をする物を時間をかけて観察する時間がないほど、
どうも歌とか踊りの習得に時間がかかるものになってきていることがあるのかもしれない。
965 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/15(土) 18:08
ところで如月から弥生にかけておこなわれる玉子公演の内容が一部明らかになったのであるが、
そこに芙さまの名前がなかったので、何人かの汚多はお辞めになられたのではないかと思っているようだ。
その後公演情報が更新されて、その出演者に芙さまの名前がないことを確認して、真実味が増加しているようだ。

さて篭さまと新集団を組む予定の方々が二名決まったらしいが、
そのまま活動していかれるのか、まだわからないような感じである。
噂によれば追加すべく選考をおこなわれているという話もある。
966 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/15(土) 18:09
それから奇妙な話だが、閑鳥居の面子の募集がおこなわれるという。
里さまが閑鳥居がこのままで米国に行くわけにはいかないという訴えに裏の神々が応じて、
また新集団を創る予定もあったため、今回の事になったものと思われる。
その上里山里海運動の中心的集団にすることもできると考えているのだろう。
汚多の間では、里さまは卒業されるのか、特別面として残られるのか、
波浪風呂内の正式集団となられるのか、など論議となっている。
そしてその後の報道からすると、里さまは閑鳥居の名誉監督的な存在として、米国から見守っていかれるようである。

波浪風呂雛祭り公演が弥生末になったのは、どうも里山里海運動の催し物にあわせるためらしい。
汚多の想いとは違い裏の神々にとってどちらが重要なのか判る話である。

ところで玖都は如月の内に台湾の何かの放送に出演するため出向かれるそうである。
これが台湾進出の第一歩となればと願っている。
967 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/23(日) 18:36
玖都は皐月に台湾公演をなさるそうだ。
熱烈な汚多も台湾まで観に行くようで、狼板でどうやって安く上げるか論議になっているようだ。

ところで最終の波浪風呂全体公演で玉子の新集団に関する発表がなく、
汚多の間では、あの閑鳥居の募集が、実質そういうことなのだろうということになっている。

汚多の間で上り調子なのかで議論となっている圧府賀(仮)は、東京女子流というどこか微妙な集団と卯月に合同公演をなさるという。
これでますます汚多の論議が深まりそうである。

あるところからの噂によると、波浪風呂全体公演終了記念の宴で洋菓子(ケーキ)に須舞の名を書き忘れたそうだ。
後でそれに気付いて妄結の上に小さめに書き足したという。
これは裏の神々の須舞の認識度合が低いからだというのが、汚多の総意となっている。

羅鞭駄は小歌謡集を出されるとともに、辛甘や雅王君と公演のようなものをなさるらしいという。
968 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/23(日) 18:37
津運久の代理として浜さまが、波浪風呂各集団の頭を集めて発表なされた。
波浪風呂雛祭公演での四公演それぞれを公演順に妄結、須舞と果汁須、玖都、辺利頭が中心となっておこなうというものである。
聞くところによると、波浪風呂の方々の前で何か発表するときは、玉子のどなたかを代役として進行させれば、
自分の創作活動にそれだけ時間を使えるので、よい方法であると考えたようだ。

それから弥生の初めに妄結の新曲発表記念会合がおこなわれるのだが、
そこに森三中を乱入させて森娘。をするようである。
津運久が時間に余裕ができて考えた一つなのであろう。
969 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/02/23(日) 18:38
ある汚多によると、側嬬から太臈に昇格なさるとしたら、羽さまと船さまではなかろうかと言っているようだが、
あまり確たる証拠はないようである。

津運久は波浪風呂の皆様方と会わなければならない時、
これから玉子のどなたかを代理に立てることが多くなりそうだと思い、
そこであらかじめ自分の名代を決めておこうと考え、
邊さま、浜さま、笹さま、船さまあまりが就任されたらしい。

重さまがいつ妄結を卒業なされるのか、ある汚多によると、
「妄結が愛奴瑠界の最上位に再び立った時」だというご発言をなされていたそうだ。
青春をすべて捧げる御覚悟であられるようだ。
970 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/02(日) 17:20
噂によると愛奴瑠戦国時代を乗り切るために、星慕、圧府賀(仮)、吉家は強く協力し合うことを誓われたそうだ。
ただ作者にはその詳しい内容がわからないので、どのようになるのか心配である。

何人かの汚多が玉子東京公演について報告していたが、
大体の者が共通して述べているのは、
玉子の方々はすべてよいように思えたということと、
特に段さまと船さまの出来が大変よかったそうである。
971 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/02(日) 17:21
風の噂によると、裏の神々は侍従の募集をしているという。
これは波浪風呂に新集団を作る準備活動と考えてよいと思う。

それから辺利頭工房副頭のお焼きの方は皆の衆に、
「他の集団が勢い出たときに、辺利頭は辺利頭だからと言って呑気すぎると思った。
辺利頭はバラバラが売りだと言っているけど、ばらばらでは集団としてよくない。
『余裕がある』ことはよいけれど、どこかダラダラしてる感があるように思える。
波浪風呂の中で何か辺利頭は特別なことをやって、特長を出していかないといけない。
波浪風呂全体の流れとは別方面に向かっているようで、気にかかる。」
みたいな話をされたようである。
だけどそれで何か変わることはないように思える。

それはそれとして、かなりの汚多どもは辺利頭や玖都は近い将来解散ということになると信じていて、
皆様方にこれからは個別活動を強化なされては、と心配しているようだ。
972 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/02(日) 17:22
聞くところによると、須舞全員と妄結の譜さま、鞘さま、随喜、鮎民、優嬢、遥嬢、小田柵、
そして玉子の邊さま、楓さま、笹さまで、水無月に歌舞劇をなさるらしい。
汚多の中では妄結の残りの方々はどうなさるのだろうと論議になっている。

それから辺利頭の春公演に玉子から愚智、小麗女、夢之姫、比軽、一さま、船さまが帯同なさるという。
それで夢之姫、比軽、船さまが太臈となられると思う。

ところで須舞の公演を観ての感想だと思うが、
ある汚多は花如がお笑いの中心になっていて、
その方面では須舞に欠かせない存在だと書いていて、
それに同感する汚多もかなりいるようである。

用津部の番組で麗さまと旭さまが仲良くなられたことをきっかけなのか、
羅鞭駄の公演に辛甘が帯同なさることになったようだ。
973 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/09(日) 15:17
聞くところによると、
竹さまと西さまはつぶやかれることを一旦終了なさるそうである。
また復活なさる可能性もあるとのことなので、
とりあえずそれを信用することにしよう。

このことについて、ある汚多がこのような報告をしている。
それによると窪さまが何かやらかした、
具体的には隠れて密かにつぶやいておられたからだという。
それによって正式につぶやかれておられたおふたりにも影響が及んで、
終了ということになったというのである。

窪さまがこのような事をしでかした事に対して、
重さまはかなり怒っておられるそうで、
御自分の部落格に窪さまの名前を出しておられないようである。
とりあえず信用してみることにしよう。
974 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/09(日) 15:18
さて羅鞭駄の小歌謡集の楽曲が明らかになったのであるが、
どうも汚多の希望していた曲が入っていないというか、
そもそも曲数が少ないという不満が出ているようである。

それから玉子の名古屋公演であるが、
汚多の感想は、ほぼ東京と同じようなものである。
ただ段さまが途中から体調不良とかで、欠席されたようである。
抜けた分の歌は薪さまが引き継がれたとのことであるが、
聴き劣りしなかったそうだ。
そして皐月に玉子公演のようなことがおこなわれるとのことである。
975 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/09(日) 15:19
松さまは数年前から芸能界の最前線から退いておられるということで、
命婦となられるようである。
また哀さまの総首役への昇格に疑問があるという声が、どこからか聞こえてくるようである。
これは裏で那智が糸を引いておられるのではないかと思う者もいるようである。

ところで津運久がこの頃喉の調子が悪かった原因は、どうも喉頭癌らしい。
初期段階らしいから、早い時期に現場復帰できるらしいので、
それを信じることとしよう。

皐月に辺利頭が『戦国自衛隊』という歌舞演劇をなさるそうなのだが、
これって以前、辺利玖でおこなったのを、少し筋を変えてなさるのだろうと思うのだが、
実際はどうなんだろう?

重さま発信で部落格において「最近感動したことは?」という質問を誰かに投げかけ、
それを順にまわしておられるようだ。
重さまから金難へ、次に千聖人、それから雅さま、鶯さま、そこから重さまに戻って終わると思いきや、
生さまにつなげて、清さまを経て窪さまのところに行ったようである。
これは波浪風呂全員に回す方向になりそうである。
本当に全員に回るかは疑問に思うけど。
976 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/10(月) 00:56
>>975

皐月に辺利頭が『戦国自衛隊』という歌舞演劇をなさるそうなのだが、
これって以前、辺利玖でおこなったのを、少し筋を変えてなさるのだろうと思うのだが、
実際はどうなんだろう?


皐月に辺利頭が『戦国自衛隊』という歌舞演劇をなさるそうなのだが、
これって以前、辺利玖でおこなったのを、少し筋を変えてなさるのだろうと思うのだが、
実際はどうなんだろう?
それから嗣さまは出演しないのだが、
これはどういうことなんだろう?

977 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/16(日) 17:03
津運久が癌治療による休業中は、新集団に関することは一時お蔵入りになるかどうかで、
汚多の中で論議になっているのだが、
津運久ひとりで動かしてるのではなく、
裏の神々が大きな働きをしているから、それはありえないと思う。

それから玉子公演を見たかなりの汚多は、
室さまなどはもう研修することないように感じるほど完成されていて、
直ちにお出まししていただきたいという発言をしている。
978 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/16(日) 17:04
さて果汁須内で暴君であるとあからさまになられた朋さまは、
玉子の大阪公演において、お仲間内のお弁当の梅干を奪い取り、
それでもまだ足りない朋さまは、玉子の皆様に対してお弁当の梅干を所望された。
心優しき玉子の方々は、朋さまのためならばと梅を差し出されたという。
それにしても果汁須はいつまで玉子公演に参加なさり続けるのだろう?

それから玉子の大阪公演についての汚多の報告は、特にあがってきていないので、
前の二公演と同じような感じであったのだろう。

また森娘の催し物があったのだが、
なかなかよかったような報告があがっているようだ。
成功といってよいだろう。
979 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/16(日) 17:05
小田柵は自撮りが得意で、汚多どもはいつも撮っている写真師よりよほど良い出来であると評判になっている。
それである写真師は自撮り以上の物を撮ったようだ。
ただこれは小田柵を撮るにあたって、裏の神々が写真師に対して、求めていた物ではないと思われる。

妄結の春公演に玉子の来民、皆姫、和田柵、稲さま、空さま、段さまが、帯同なさるという。
この帯同でどなたが太臈昇格の評価をお受けになられるのだろうか。
太臈昇格が確定的なのは、玉子中心の舞台に出演なされる浦さまと薪さまであろうか。
980 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/16(日) 17:06
とある音声番組を賭けて、波浪風呂の各集団ごとに電子書籍の写真集を作成して、
電網界の特別な場所から汚多どもが引き出してきてガン見したりチラ見したりして、好みのものに投票して、
優勝した集団はある番組の特番出演できるというものである。
妄結'14はそれぞれが思い描く「文化系女子」に変身するもの、
辺利頭工房は「おふざけ女子」と称してふざけた格好でおふざけし放題というもの、
玖都は公演後の「OFF」の時間を公開して、男子禁制の「OFF女子」の空間を創るというもの、
須舞零時は「無邪気女子」ということで、元気いっぱいにはしゃぎまわるというもの、
果汁須は新鮮成分100%な「ジュース女子」という自撮り風なものになさるという。
参加できないというか、写真集を手に入れられないというか、投票できない者には、関係ないものである。
981 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/16(日) 17:07
ところで皐月に行われる玉子公演のようなものは、公開実力診断試験であるようだ。
ただ昨年と違い津運久が出てこられないようだから、
誰が批評というか診断するのか気にかかるところである。

それから妄結追加撰儀がおこなわれるそうなのだが、
現在津運久は療養中であり、どれだけ審査に加わることができるのか疑問に思う。
汚多どもは玉子からどなたが合格なさるのか勝手に盛り上がっているようだ。
982 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/23(日) 18:50
さてご当地活性化の助力を頼まれた裏の神々は、そのいくつかに対して、
波浪風呂に協力を求めたという。
そこで愛理院と熊友園が宇治抹茶大使であることを改めて明らかになされ、
栃木県親善大使に清さま、徳さま、茉さま、雅さま、菅さまが任命され、
そこの佐野、足利あたりを応援なさる来民と小麗女、
大館出身の忠犬ハチ公のように笹さまと薪さまは踊られ、
佐渡のために踊り歌われる岡聖堂、矢舞亭、徳奈峰、夏雅殿、
座間市のために邊さまと笹さまが踊られ、
横浜市に対して垣さまが何かなさるという。
983 :削除しました :削除しました
削除しました
984 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/23(日) 18:51
果汁須は初めて皐月に甲州方面に行啓なさるという。
これに同行する汚多の数によって推され具合が判るので、
そこに注目してみたいと思う。

そして水無月に玖都は沖縄公演のついでに、行幸をなさるようである。
これがうまくいけば、辺利頭や妄結も同じことをなさるだろう。

それから水無月に妄結の重さま、生さま、窪さま以外の七人と須舞、
そして玉子の邊さま、楓さま、笹さまとで演劇をなさるらしい。
出演なさらない妄結の三人は、公演中はどうなさっているのか興味があるところだ。
985 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/23(日) 18:51
あるところからの話によると、
彩著は学芸員の資格を取り、ゆくゆくは小さな美術館を開きたいそうである。
そこでは御自分が描かれた絵で、美術の歴史がわかるようなものにしたいということである。

さて果汁須は新曲発売の発表会において、津運久から
「単独公演をなさって、成功なさりませ」との文を受け取り、
指導者の鶯さまは「言葉に表せぬほどに嬉や」、
副指導者の朋さまは「夢がこんなに早く叶うとは・・・まだ信じられぬ」
と語られたとか。
単独公演が決定されたのだが、
水無月頃に開催されるようであるが、
まだ詳細は決まっていないようである。
986 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/23(日) 18:52
ところで汚多どもからの報告用の掲示板が無断転載禁止と運営側が発表したため、
これまで頼りにしてきた掲示板をまとめてきたところが、次々と停止しているようだ。
これからどのように汚多の動向を知るか思案しているところである。

さて辺利頭の中で桃智結びはある面において最強であると認められたらしく、
徳さま、茉さま、熊さま、菅さまなどが、合成写真であるが、
桃智結びにしておられるのを、公演会場に出しておられるそうだ。
987 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/30(日) 17:42
さてさて萩さまは1週間くらい前に脚を痛められて、
まだ完治しておられなくて、長い間立っておられるのが難しいようである。
あまり話題になっていないようであるが、
故障の程度は軽いとはいえないようであられる。

ところで圧府賀は弥生下旬から全国(仮)化作戦と称する全国巡業公演が名古屋から始まったのであるが、
最終の中野のどでかい会場を成功させるために全力投球なさっておられるようだが、
どこか空回りなさっておられるように思えてしまう。
988 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/30(日) 17:43
果汁須はなにやら女性限定の行事をなさるらしい。
どこかの写真家を講師に迎え、
「可愛らしい写真の撮り方、撮られ方」を学んで女子力を向上させるということなのだが、
重さまあたりの自撮りよりどれくらい高度なことを教わるのだろうか。
それとなぜ果汁須の皆様方なのか、いまひとつ理解できないとしておこう。

ところで重さま発信の「最近感動したこと」は鞘さまで波浪風呂全員まわって終了したようである。
でも最初の重さまは「最近感動したこと」が何か発言なされたんだっけ・・・?
確か前髪が整った時とかどうでもよいことだっけ。
989 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/30(日) 17:43
それはそれとして玖都の春公演ではどなたか新しいことに挑戦なさるらしいのだが、
それが誰なのか明らかにされていない。
このごろ小{ちさ}さまは番組出演が重なっているようだし、萩さまは足の故障があるから、
それ以外の三人がなさるのでは、と思うのだが・・・

それから玖都の春公演に浜さま、室さま、理さま、牧さま、梨王が帯同なさるらしい。
これで太臈昇進の機会をもらっておられないのは、
棚枯、瓶さま、羽さま、横さまということになる。
990 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/03/30(日) 17:44
昨年同様に須舞と果汁須は里山里海についての問題で対決なされて、
昨年同様、果汁須が勝利なされた。
何か因縁の対決になっていきそうな感じがする。

雛祭り公演で須舞に対して津運久からお知らせが入ったという。
それはここ二年で全国を三周されるくらい公演をなさっているので、
文月に武道館公演を決めたということのようだ。
八千人を動員して満員にして欲しいとの事であるが、
今でもそれほど大きな会場ではなさっておられないので、
大丈夫なのか心配である。
ただ圧府賀が中野のでかい会場での公演が完売されたから、
心配することはないのかもしれない。
991 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/04/06(日) 17:02
過去の自分たちを越えて、その現在の自分たちを未来の自分たちは越えていけることを信じて進んでいこう。
その心を持った圧府賀は、中野の先を考え始めておられるという。

ところで波浪風呂電子写真集対決は汚多の予想を覆して、辺利頭が優勝なされたという。
これで辺利頭は皐月初頭に放送される深夜番組?の出演権を獲得なされることとなった。
この勝因は何といっても自己演出力が素晴しいというのが、汚多の総意のようである。
そしてその多彩さが愛され続けている理由といっても過言ではないと思う。

ところで閑鳥居撰儀の件であるが、
問合せ多数につき応募期間を延長するという発表があったようだが、
多分実際は応募者が集まらなかったからだろうと思ったりする。
992 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/04/06(日) 17:04
辺利頭は韓国の歌手が中心の公園に日本代表というか唯一の歌手として出演なされたという。
それで韓国まで出向かれたのかと思いきや、横浜が会場であったという。
なんか変だと思うのだが・・・

海外進出といえば、圧府賀は水無月に香港でおこなわれる日本の愛奴瑠の祭典に出演する六組の中ひとつとなったそうである。
海外展開を応援するという汚多の声もあるようだが、
どれだか現地まで進軍する者がいるのだろうか。

玖都の新しい挑戦というのは、
萩さまと先さまによる何か特殊な舞踏だそうだ。
聞くところによると、がんばってなさっているとのことである。

・・・・・
それにしても体調が悪くて寝込んでしまうと、話が膨らませられない物だと痛感する作者であった。
993 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/04/13(日) 17:43
工さまは妄結の岡山夜公演で足をひねったとのことである。
立っておられる程度らしいので、たいした事はないそうであるが、
何か足回りを故障なさる方が多いような気がする。
とにかく早く治って欲しいものである。

久さまの部落格を拝見いたしていると、お笑い芸人と喜劇的なものをなさるようである。
このごろそのようなものを多くなさっているように思えるのだが、気のせいなのだろうか。
994 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/04/13(日) 17:44
水無月に玉子公演がおこなわれるらしいのだが、
同時期に演劇をなさっている方や玖都公演に帯同なさっている方がおり、
重なった日の公演にはそれらの方々は出演なさらないという。
三公演すべてで出演なさらない方がいるというのは、どうかと思う。

葉月に東京で愛奴瑠の祭典がおこなわれるということで、
全百組以上が参加するらしい。
そこに星慕、圧府賀、友さまが出演なさる予定のようだが、
波浪風呂の皆様方にも参加なされはよいのにと思うが、
このあたりで全体公演が恒例であるから、出演は無理なようだ。

しかしながら卯月末に参加組数は少ないけれども、同じような催し物がおこなわれ、
そこに須舞と果汁須が出演なさるそうだ。
そこで波浪風呂のすごさを見せ付けて欲しいものだ。
995 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/04/13(日) 17:45
さて玉子の公開実力診断であるが、
出演予定者の中に芙さまのお名前がなく、
以前から噂されていたように、お辞めになられたのでは、という話が真実味を帯びてきたように思える。

汚多どもが異口同音に愛奴瑠戦国時代を勝ち残るためには、
波浪風呂本体だけではなく、その周辺の星慕、圧府賀、吉家などとともに力を合わせて戦うべきだという声に、
裏の神々はそのような方向に動き出してるようにも思える。
しかしある汚多などは前と同じようにしか思えず、もう少し一体となるべきだと主張している。
996 :波浪風呂栄苦伝聞史篇 :2014/04/13(日) 17:46
妄結の新曲発売週の三会場に分かれてのお披露目会に重さまだけがお出にならないようである。
たぶん番組収録のお仕事であろうが、大事な時期にこんなことでよいのかという汚多もいるし、
これは重さまが近く卒業なさるのではないかというやつもいるようだ。

それより辺利玖が文月に仏蘭西でおこなわれる日本文化の祭典に参加なさるらしいという話のほうが気にかかる。
これは本格的な海外進出の第一歩なのだろうか。
997 :模倣作家 :2014/04/14(月) 12:34
限界に近づき区切りがいいので、新スレに移行します。

新スレ 
ttp://m-seek.net/test/read.cgi/water/1397446313/
「波浪風呂の歴史は終わらしてはならない」

新着レスの表示


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:722546 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)