■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

モー娘。球団ミュージアム

1 :名無飼育さん :2007/02/08(木) 23:46
 ファンと歩んだ栄光の10年!!
モー娘。球団の足跡を見ていきましょう。

問い合わせ・ご相談は↓
・中澤監督とモー娘。球団〜解説者席5〜
ttp://m-seek.on.arena.ne.jp/cgi-bin/test/read.cgi/morning/1140391547/

関連
・中澤監督とモー娘。球団〜第8クール〜
ttp://m-seek.on.arena.ne.jp/cgi-bin/test/read.cgi/morning/1154779131/
・中澤監督とモー娘。球団 (日記編:2冊目)
ttp://m-seek.on.arena.ne.jp/cgi-bin/test/read.cgi/morning/999707514/l25
・保田2軍監督とハロプロ球団〜第壱節〜
ttp://m-seek.on.arena.ne.jp/cgi-bin/test/read.cgi/morning/1115649289/
2 :序章 :2007/02/09(金) 00:12
1997年某日。都内某所にシャ乱球団の面々が集められた。
そこである話がなされた。
それは、入団テストを行わないかとの話であった。
テレビ東京立案の元の打診である。
寺田「入団テストか・・・。」
シャ乱球団寺田にはある思いがあった。
3 :名無飼育さん :2007/02/10(土) 18:14
寺田は以前から、選手育成に興味を持っていた。
寺田「自分お手で選手を育ててみたい。」
そんな思いもあってか、シャ乱球団は入団テストを了承し、
「パンチのある」「ワルっぽい」「ちょっとコワイ」「小悪魔的な選手」そして、
「性格のいい」さらに「目にパワー」のある選手を求め、
1997年4月27日、「シャ乱球団入団テスト」が発表された。
4 :酔いどれの赤バット〜中澤裕子〜 :2007/02/10(土) 18:23
 大阪・北新地。ネオンきらめくこの街のある飲み屋。
グラスを傾けぐでんぐでんになる娘一人。
飲み屋の主人「もおいいかげんにしときや。」
「ええやろ。うちの勝手やんか。おっちゃんもお一杯。」

5 :酔いどれの赤バット〜中澤裕子〜 :2007/02/10(土) 20:58
 中澤裕子、当時23歳。高校卒業後ノンプロに入って捕手として選手生活を送っていた。
しかし、何の変わり栄えのない選手生活に中澤は嫌気がさしていた。
このままでええんやろうか・・・。
そんなの時、テレビを何気なく見ていた。そこに「シャ乱球団入団テスト」の告知を見た。

6 :酔いどれの赤バット〜中澤裕子〜 :2007/02/10(土) 22:14
 中澤は最初その告知を真剣には見ていなかった。
他球団のテスト告知も見たことはあったが、大阪の入団テストの場所がよくわからなかった。
それが理由でテストには二の足を踏んでいたのだ。
「大阪テスト会場は日生球場。」
中澤「え。」
主人「どないした?」
中澤「ちょ、ちょっとだまっといて。」
中澤は一瞬ドキッとした。家から比較的近くにあり、会場の場所もどこにあるか知っていた。
中澤「ちょっと縁があるかも知れない。」
中澤はそう思った。しかし、テストを受けることに迷いがあった。
中澤は、自分がプロに慣れるかも知れないと思ったことが恥ずかしかった。
ただ縁があるかもしれない・・・。
そう思った中澤は、テスト当日、ある賭けをしようと思った。
7 :酔いどれの赤バット〜中澤裕子〜 :2007/02/11(日) 00:43
 テスト当日。中澤は自分の家を時間ギリギリに出ることにした。
間に合えば縁がある。間に合わなければ・・・。
中澤「これでだめならあきらめよ。」
間に合うな半分、間に合え半分。大阪の街をこんな気分で歩いたことが合っただろうか。
中澤は歩いた。なんだかわからず歩いた。
そして・・・。
受付嬢「テストを受けにきた方ですか?」
中澤はついた。いや中澤にしてみれば「ついてしまった」であった。
8 :北海の天才2人〜安倍なつみ・飯田圭織〜 :2007/02/11(日) 23:45
 1981年8月、北海道のとある産院の新生児室。
ここに二人の娘が。
まだ生まれて何日もたってない。一人は安倍家の娘なつみ。もう一人は飯田家の娘圭織。
この二人が十数年後、再会することになるとは、本人すら知らない。
9 :北の大地が生んだ天分の才 :2007/02/22(木) 01:18
 室蘭から札幌・円山球場に向かう車に娘一人。安倍なつみ。
つらい時期、野球に支えられ、自分も人を勇気付けられる選手になろうと決意した。
しかし、安倍家は厳しく、ある年齢に達しなければ、プロテストを受けることを許さなかった。
そして、解禁になった一発目。それがシャ乱球団の入団テストであった。
そんな車中の中、安倍は父の意外な告白を受ける。
安倍の父も昔プロを目指したことがあったが、挫折してしまった話。
それを聞いた時安倍は何かを感じた。
そんな父の思いなども受け止め、テストに向かう。
そしてまた、円山球場に向かう娘一人。
10 :北の大地が生んだ精密機械〜飯田圭織〜 :2007/02/23(金) 00:14
 飯田圭織。
小さいころから、グランドに立つのが好きだった。
ホームランを打ってみんながほめてくれるのが好きだった。
ずっと野球選手になりたかった。
飯田は、過去に2回他球団のテストを受けた。
1度目は書類審査で落ちた。2度目は実技テストまで行った。
鋭い打球でアピールはしてみたものの結果は落選だった。
ただ三度目は、少し違った。
テスト受付に並んでいる時に、見知らぬ受験者から
「なんかやりそうだねえ。」や「ほかの球団テストどうだった?」
など声をかけられていた。
少しだけ、今回はいけるんじゃないかと思った。
そしてこの円山球場にバット一本引っさげてテスト受ける娘一人。
11 :佐藤舞 :2008/02/23(土) 19:14
モー娘の赤ちゃんかわいいですねモー娘が大人になったら可愛くない。
男好きな矢口真里と石川梨香が一番いやた男にモテないし25歳〜30歳になって
も結婚は出来ない本当は慎吾君が駄目でしょう。
石川梨香とか矢口真里は性格とタイプが合いません。
品がないから嫁になろうが母親なろうがママになろうが当分無理だから

新着レスの表示


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:5176 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)