■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50

続飼育支部

185 :おやゆびひめ :2012/07/03(火) 22:47
――足の指を舐めたい。
親指だ。口を開けて、赤い舌を出して、無心になってペロペロと舐めたい。
そうそう、右足の親指を口に含みたい。
べたべたになったら絵梨香は怒るかもしれない。
その顔が見たい。表情が見たい。
無心に舐めくさってる間、絵梨香は私を見つめてくれるかもしれない。
視線の先には、自分の指を舐めてくれる芸能界の先輩がいる。
私は知らないふりしてとにかく舐め続ける。
親指を口に含ませて、唾液をたくさん出しながら、ちゅぱちゅぱと吸いたい。
口から出し入れしたい。いくらなんでも恍惚の表情にはならないだろう。
「保田さん、もうやめてください」と言いながら右手の人差し指を唇に持っていくかも。
そうやって私を誘うのだ。視線や目つきではない。声で誘う子なのだ。

東京と札幌の物理的距離はあるが、精神的距離は近い。
ブログを読めば、どんな状況か理解できる。
フットサルの練習で足を痛め、親指の爪が浮き流血したそうだ。
ぼーっとしながら読んだが、ふと、舐めたい、足の指を舐めたいと強く願った。
186 :おやゆびひめ :2012/07/03(火) 22:48
短冊にでも書けば願いは叶うかもしれない。
白くて長い紙に、足の指を舐めたい、とだけ書くのは気が引ける。
いっそのことメールで伝えてみてはどうか。
書くだけ書いてみようか、短冊に。そして撮ってメールに添付すればいい。
開いてくれるだろうか。

そこまで考え悩んだところで気づく。
私の右手は自分の胸をさすり揉みくだしている。
左手人差し指はだらだらと口の端から流れる唾液を受け止めつづけている。

   さ び し い

会えない日々を埋める手段は一つしか私は知らない。
きっと絵梨香も同じことしてると信じる。
電話では私にひどいことを言うけれど、直に会えば爪が浮くぐらいの甘いセリフを吐いてくれるのだ。
また楽しいコトしようね、絵梨香。

 END.

続きを読む


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:312345 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)