■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 201- 最新50

世界って?

1 :模倣作家 :2009/01/08(木) 15:23
『小さき世界』ttp://mseek.xrea.jp/moon/1061461069.html 、『「小さき世界」の探偵達』ttp://mseek.xrea.jp/wood/1079857099.html の続編みたいなのです。
エッグ中心で、ハロプロ以外にN.G.P!やハピスタルーキーズのメンバーの名前が続々出てくる予定です。
話の都合上全員学年が実際より二つ上の設定になってます。
なかなか更新できないと思いますがよろしくお願いいたします。
216 :第16章 :2011/10/17(月) 16:50
S寮では仮入寮になっていた4名が正式に優秀生徒と認められて、入寮を許された。

認められるのが当たり前な空気の中で、
もし認められなかったらどうしようという思っていたようで、
発表されたときには抱き合って号泣したみたい。

私もそういう感動的な事が起きないかなって思ってしまう・・・今日この頃。
217 :第16章 :2011/10/26(水) 17:18
時々その道の専門家による特別講義があるんだけど、
初めて本当に不条理に思えたことがある。
それはこのごろ夫婦別姓が出ているのだけど、
夫婦のどちらかが(たいてい妻が)結婚することによって改姓することになる。
それによって生じる負担を一方だけが背負うことの問題に注目されがちだ。
だけどこのことを規定している民法が半世紀以上前に改正されたときの主旨を考えると、
それを正しく具現化できたのか?

つまり両性の自由意思に基づき、それぞれの「家」から独立し新しい家庭を築くという戸籍制度に変更した。
結婚することによって親の戸籍から離れ、新しい戸籍を創るかたちになった。
問題は姓をどのように決めるかということである。
新しい家庭には新しい姓であるべきじゃないのか?
218 :第16章 :2011/10/26(水) 17:19
それをどちらかの姓を名乗るように定めたことが、そもそもの問題だというのである。
とはいえ今さら完全に新しい姓を名乗る事を基本に定めても、問題解決にはならないだろう。
それまでの観念にとらわれてると、新しい理想を実現できなくなるものだね。
・・・・・
歴史的な話で言うと、女性は戦国時代までは〇〇の娘ということで一生世間からとらえられていたのが、
江戸時代あたりから結婚後は〇〇の妻、夫の死後は〇〇の母見たいな感じになったという・・・
その象徴的なものが姓ということだ。
なかなか奥深いものだ。
219 :第16章 :2011/10/26(水) 17:19
最近は分校のことがよくわからないんだけど、
秋から関西校にいた岩嶋さんが、分校に転入してきたみたい。

それはそうと、私のいるU寮とH寮、B寮が改変されるという噂がある。
B寮とH寮の内の元C寮とでK寮を、
H寮の残りとU寮とで新しいU寮をつくることになるらしい。

たぶんこの噂は正しいように思える。
それくらい資金に余裕がなくなっているように感じる。
国とかも赤字財政で予算カットに躍起で、教育関係の補助金も減らされてるから、
当学院もそれだけ苦しくなっているだろう。

そのせいもあるのだろうか、憂佳はまともな大学に転入することを決めたみたい。
来年からは超一流の大学に行くことが決定したようだ。
憂佳には新しいところでもがんばって・・・としか言えないけどね。
220 :第16章 :2011/11/28(月) 17:42
噂されてた寮の再編は年明けの新学期からになるみたい。
それからE寮に高校三年の山賀香菜恵って子と中学三年の小田さくらって子が入ってくるらしい。
また来年度から特待生、優待生の制度が大きく変わるらしい。
優待生は授業料を払わなければならなくなるらしい。

E寮生は大変だなって思ってたら、
すでに入寮している人は、ほぼ今までどおりみたい。
だけどこれからセレクションを受ける人には、重要なことだよね。
なのに総長はもったいぶってまだその詳細を発表してない。
困ったもんだ。
221 :第16章 :2011/11/28(月) 17:43
学院挙げてドラマを撮ることになったみたい。
主役はM寮の道重さんと田中さんになるらしい。
本校の入寮生は全員出演することになるらしいけど、
実際のところ、外部の舞台とかすでに予定の入っていることもあるから、
本当に全員出演するわけではないだろう。

あらすしは数学対決をするというものらしいんだけど、
キャラ的にはまったく似合わないと思うんだけど・・・
まあどうにかなるでしょう。

そういえばM寮では少し前までは、ズッキーが人気みたいだったけど、
今では完全にまーちゃんが人気になってるみたい。
あそこは本当に新者好きだね。
222 :第16章 :2011/12/23(金) 19:22
年末になって学内の組織変更が発表された。
新年度から本校に新しくN寮ができて、
そこに分校A寮から三澤さんが編入して、
さらに大学院に尾高もえみ、大学四年に橋梨奈、二年に塚原あずさ、
高校三年に種市莉沙、金久保茉由、佐々木恵瑠が、外部から入るらしい。
詳しいことはわからないが、分校が本校との教育方針に食い違いができて、
半分独立する感じになり、そこにほとんどの学生は従ったが、
一部の学生は本校に移るほうを選んだということのようだ。

ところでM寮のまぁちゃんは帰国子女らしいという噂が出ている。
たどたどしいしゃべり方だったので、なんとなく納得できるんだけど、
だけども英会話はできなさそうで、どこで小学生時代を過ごしたんだろうかとみんな首をかしげている。
本人が秘密にしたがっているので、何もわからない。
223 :第16章 :2011/12/23(金) 19:23
それから正月の発表会は、やはり最優秀学生しか出れないみたい。
だからM,K,S寮の寮生以外では、真野ちゃんときっかくらいしか出れないということだ。
そして小春ちゃんは今年から先生方と一緒にパフォーマンスをおこなっている。
それに対してU寮の残りは、年末のK−POP系のイベントくらいしかなくて、
何となく淋しい感じになってしまっている。

そういえば、かりんちゃんはまた外部から指名を受けて何かをするらしい。
本当に羨ましい。
私なんてK−POP系のグループでもそんなに歌って踊る機会はない。
まぁ来月くらいからモリサキがやってる番組に参加できるんだけどね。
でもまだオリジナルきょくもまだできてない、
まもなくできるという話になってるんだけどね。

まわりを気にするなと言われても、気になって仕方がない。
224 :第16章 :2012/02/03(金) 17:25
新年早々、M寮の新垣さんが今年の夏に大学院を卒業して、教員になられるらしいという話を耳にした。
それからU寮のさーやが新しくできるN寮に移るかもという噂が出ているようだけども、
本人が否定してるらしいから、それはないと思う。
225 :第16章 :2012/02/03(金) 17:26
ところで最近、学院内ではあるテレビ番組に影響されて、不思議な遊びが流行っている。
矢島さんが探偵に扮して、はるなんとかあゆみんとか、まぁちゃん、くぅちゃんなどを警備隊員にしたてて、
学院内のあやゆる事件を解決してまわる。
須藤さんは食生活の啓蒙をかけて、みずぽん、えりぽん、のんぽんを引き連れて、
学食にいろいろ注文を付ける活動を始めている。
きっかは清水さんや徳永さんとともに治安維持係と称して、学内風紀に目を光らせてるふりをしている。
そしてこのどれもが、いろいろ理由を付けて田中さんと道重さんに纏わりつきちょっかいを出すことになるのである。
これだけ聞けば被害者なふたりなのだが、
相手が勝手にドジるのがお約束なので、一番楽しんでいるようだ。
そして里保ちゃんがその評価をするのである。
この遊びはこれからも広がりそうな感じがする。
226 :第16章 :2012/02/24(金) 16:47
新年度から三好先生は札幌の私塾の方に移られるそうである。
といってもこちらでも非常勤で教えられるらしいんだけどね。
これは里田先生が結婚を期に仕事を減らされるから、
その代わりだと思うんだけど、もしかしたら違うのかも・・・

それはともかく、私たちのグループはオリジナル曲をいただいて、
こないだの発表会で披露したんだけど、
やはり他人の曲をコピーするより、自分達の曲を歌うほうが何倍も充実感があると思った。
227 :第16章 :2012/02/24(金) 16:47
それから例のあの遊びなんだけど、
田中さんは本館の玄関にあるマスコット人形『シティーボーイ』を召使に任命して、
「明太粉パンを買って来い」
と最近しきりに命令している。
すると愛理ちゃんはその『シティーボーイ』に一目惚れしたといっては、
田中さんにちょっかいを出しているようだ。
また道重さんに対して嗣永さんが、どちらがかわいいか勝負を要求し、
毎日いろんなところでお遊戯をしては、どちらがよりかわいくできたか競い始めている。

さらに田中さんに憧れているという設定で、
あやちょ、かのん、めいめいとあゆべぇ、ななみん、くるみんとで、
いろんなことで競い合ってるみたい。
そしてまもなく、なっきー、ちっさー、まいまいが賢そうな感じにして、
何かしでかすらしいので、注目してみたいと思う。
228 :第16章 :2012/03/22(木) 16:56
新学期に入っても田中さんが中心になってやってるあのお遊びなんだけど、
ついに真野ちゃんが参加してきた。
超お金持ちのわがままなお嬢様を演じてるんだけど、
カリンちゃんを従えて、ズル賢くていろいろ悪巧みをするという設定で、
なかなか倒せない強敵という展開になっている。

M寮とK寮はほとんど全員参加してんだけど、
若干3名ほどがつまんないと拒否してる人がいる。
私は愛理ちゃんの恋を後押しするというか、火に油を注ぐ役をやったんだけど、
くだらなすぎておもしろいと思ったけどな・・・
229 :第16章 :2012/03/22(木) 16:56
ただ最近悪ふざけが過ぎて、学院内の落ち着きがなくなっている感じになっているように思われてるみたいで、
先生方は止めさせるべきだと考えてるようだ。
しかし頭ごなしに禁止するのも大人気ないということで、
飯田、保田、石川先生が悪ふざけな感じで乱入してきて、
意味不明な状況にして、嫌気が指してやめる方向に仕向けている。
うまく行きそうな感じだけど成功するのか疑問だし、
悪ふざけが得意な矢口先生が、なぜ今回参加していないのだろうか?

ところで新学期から大阪の私塾から高校一年の植村あかりって子がE寮に入ってきたようだ。
そして病気療養中だったふ〜ちゃんが復帰してきた。
とりあえずよかった!
230 :第16章 :2012/04/06(金) 18:12
田中さんが中心になってやってるあのお遊びも、
今では完全に下火になってしまったようだ。
そしてN寮の三澤さんが分校の方に転校するという噂が出てきている。
でもそれはさておいて、
本学院の奇才と呼ばれているM寮のまぁちゃんのベールが少しだけ明らかになってきている。

噂通りすごい多芸らしくて、それもかなり推さないときから習っているみたい。
なんでも両親は英語がすごくできるらしくて、国際性を高めるために生まれてから英語中心の生活で、
0歳から英語のビデオを見続けてたので、
幼稚園の時でも日本語が不自由で、友達と会話が満足にできない状況で、
それから日本語中心の生活になったので、
英語の発音はすごくいいけど、ほとんど英語を忘れてしまってるらしい。

それから2歳からピアノを習い、次にバレエ、そして小3からドラム、その後乗馬まで習い始めたから、
五つも習い事をしていて日曜日しか休みがなかったらしい。
ドラムは病気で筋肉がおかしくなったらしくて、今はリズムを刻めなくなったみたいだけど・・・
ずっきーと絶対音感のゲームをして負けたみたいだけど、かなりよいみたい。
それを知って、私の周りでもすごい評判になっている。
231 :第16章 :2012/04/06(金) 18:13
何だかM寮に去年新しく入ってきた人は、何かすごい才能を持った人ばかりのように感じる。
でも私たちのグループは最近評判が上がってきてるようだし・・・

負けた経験ってきっと後から笑えるさ。
人生なんて強引に進めばよい。
大丈夫だよ、きっと。
がんばるって誓ったあの日から、
何回「Hello」って言葉を交わしただろう?
大きな夢をめざして、
この場所でつながっている、
普段はバラバラだけど。
232 :第16章 :2012/04/06(金) 18:13
一緒に夢を語っていたあの子が、
今では輝いている。
頭ではわかっているんだけど、
悔しくて涙した。
ひたむきな気持ちしか伝えられないけれど、
みんなが先に進んでも心は折れない、
そう、まだ折れてないだよ!
前向いて Going! Going!
悩んでないで Do it! Do it!

負けた経験ってきっと後から笑えるさ。
人生なんて Going! Going!
勇気を持って Do it! Do it!
何が正解かなんて、やってみなけりゃわからないから。
戸惑いながらも、強く気持ちを抱えて。
大丈夫だよ、きっと!

・・・・・

また今日も舞台に立つ。
233 :第16章 :2012/04/18(水) 16:53
この頃ようやく小劇場での週一の定期公演ができるようになった。
ただワイヤレスマイクが6本しか使えないので、
ひとりだけはコードが付いてるのを使わなきゃならないんだけどね。
それでどうしても動きに制約が出てしまうんだよね。
だけど時々もう少し大きな、そしてまともなところで出来るから、よしとしよう。
ここで文句を言ったら、S寮のところのように、
この春大きな劇場では、まったく出来なくなるかもしれないからね・・・(笑)

つんく総長はK寮の二つのグループに書いたそれぞれの曲を合わせると、
まったく別の曲になることを発表した。
何かすごいと思う半面、これのためにかなりの時間、労力、頭脳を使ったみたいで、
他の曲にその分皺寄せがきてるように思うのだが・・・どうなんだろう?
234 :第16章 :2012/05/24(木) 17:19
最近聞いた話によると、分校はどうも新年度から別法人になったみたい。
それから陽季想とか原田奈美とか工藤真由とか、その道で有名な先生が入ったらしい。
それでどうも三澤さんはそっちに転校したみたい。

それから足を怪我していた光井さんは、完治したみたいだけど、
激しい運動をすると再発する可能性があるということで、
専攻部門を変更して、M寮からU寮に移ることになったようだ。
新垣さんも教職に就かれて、M寮が少し寂しくなりそう。
235 :第16章 :2012/05/24(木) 17:20
最近耳にしたのだが、夏過ぎにS寮にU寮から真野さん、久住さん、光井さんが異動して、
新しくH寮になる予定らしい。
そのほかにも改編があるかもしれないけど、今はまだわからない。

どうなるんだろうと思っていると、
つんく総長から最優秀学生集団Mの入寮生セレクションをおこなうことになったと発表があった。

最終決定は秋になるのかな?
・・・・・
前々回、前回とよい結果を生んだので、調子に乗ってまたやるんだという声が多い。
優秀学生集団であるK寮やH寮、あるいはその下のE寮のセレクションも事実上兼ねているから、
また学院全体このことで盛り上がりそうだ。
U寮とともに実際のところK寮も関係ないって感じなんだけどね。
236 :第16章 :2012/06/19(火) 17:13
六月は衣替えの季節であるけれども、本学院では中途編入の時期でもある。
E寮に室田瑞希と岡村里星という高校一年の子が入ったみたい。

それはさて置き、私たちのグループは仙台にイベントに呼ばれて、
初めての地方での発表会をしたんだけど、なかなか好評でよかった。
ただモリサキが風疹ということで欠席だったのが残念っだたけどね。
237 :第16章 :2012/06/19(火) 17:14
それから六月はU寮では、小夏ちゃん、セッキー、そして私が、誕生日ということで、全員でパーティーをやったんだけど、
誕生日の子にパイを投げつけるという役目を私がいつもやっているので、
久しぶりに受ける側になると思いきや、
なぜか今回も投げるほうに専念するという予想外の展開に・・・

三人まとめてということで例年にぎやかなんだけど、
今年は特に派手にやっちまった・・・て感じで楽しかった。

そしてモリサキが復帰したと思ったら、
今度はアヤノンが風疹にかかってしまった。
気をつけなければ。
238 :第16章 :2012/06/19(火) 17:14
そんなこんなしているところに、
二学期からE寮に高校一年の山岸理子と中学三年の野村みな美って子が入るらしい。
そうなるとE寮は高校一年生が七人もいることになる。
全体で18名だから、半数近くが高校一年生というのは、異常な気がしてしまう。
このことをつんく総長はどう考えててるんだろうか。
239 :第16章 :2012/07/07(土) 08:00
田中さんが何を思ったのかバンドをやりたいとつんく総長に相談したらしい。
そしたら総長は乗り気になって、学内でメンバーを募集しようということになったみたい。
田中さんは楽器がまったくできないので、ボーカルということで、
メンバーを募集するのは、ボーカルとギターをひとりづつということらしい。
他のパートはどうするのか分からないんだけどね。
そして選抜されたら、優良生徒として入寮を許可されるらしいから、
一般生徒には願ってもないチャンスって事だろう。

ところでN寮は廃止されるらしい。
やはり分校が独立してしまって、
アニメ業界と縁が切れてしまったみたい。
240 :第16章 :2012/07/07(土) 08:01
聞くところによると、H寮のかにょんだっけかな?
その彼女がネット小説にはまってるみたいなんだけど、
特に『モベキマス戦記』を気に入ってるみたいだけど、
最近更新が途絶えてしまったらしい。

完結が幻に終わってしまうのかと思うと淋しく感じたらしく、
その続きを妄想したらしいんだけど、
それがなかなかの出来なので、
サイドストーリーのかたちでそこのサイトに投稿したとか・・・
私はまだ確認できていないんだけどね。
241 :第16章 :2012/07/07(土) 08:01
題名は『カッタリーナの物語』というらしいんだけど、
スマイル騎士団に新たに入隊したカッタリーナが敵との果てしない戦いの中で、
勝利して出世して、ついには皇帝の座に着くというお話らしい。

学院内ではそういうことに興味のある人が少ないから、
あまり話題になっていないようだし、
自分も同じような感じだけど、ちょっとだけ気になってる。
だけどそれがどこにあるのか見つけられずにいるので、
悔しくて今ではなかったことにしている。

というのも私の所属するパフォーマンス集団の発表会が、九月になるんだけど、
それがこれまでより数倍大きい会場で開催することが決定したからだ。
満員になるよう、がんばらなくては!
242 :第16章 :2012/08/05(日) 16:14
夏休みに入り、学院内は特別活動をする入寮生以外に学生がいなくなったので、
かなり静かになっている。
私たちのグループは9月の単独公演に向けて、
今は練習と小さな発表会を重ねる毎日である。

なんでも真野ちゃんは大学院の教職課程を優秀な成績で修了する見込みで、
本年度末で卒業して、本学院の教員として採用されることが、
ほぼ決定したようである。
243 :第16章 :2012/08/05(日) 16:15
また久住さんも大学四年だけど、
去年くらいから先生方とグループを組んで、
なかなかよいパフォーマンスをしているということで、
第二幕の開幕時点で卒業して、助手という形で教員となるらしい。
しかし中澤先生の結婚と妊娠、藤本先生の出産ということで、
それに代って高橋先生と新垣先生が加わるだろうけど、
育児中の辻先生が参加なさるかどうかを含めて、
まだまったく決まっていないようだ。
今年中は無理なような・・・
とにかくいつになるのかわからないみたいだ。
244 :第16章 :2012/08/15(水) 17:28
そういえば理事長が、有機農法に関するNPOが推している里山活動に非常に共感して、
本学院も参加するようにと、つんく総長に指示が来て、
その活動に春の終わりごろから取り組むようになったんだけど、
総長はどうも考えが違うらしく、あまり乗り気ではなかったので、
適当にするつもりだったみたい。

だけど理事長直々に定期的に報告をあげるよう求められたので、
M寮とK寮のほとんどとH寮とE寮の一部とで「里山クラブ」をつくらせ、
農作業を中心に本格的に活動を始めたみたい、
私は関係ないからよく判らないんだけどね。
特にあやちょと里保ちゃん、
徳永さんと夏焼さんと矢島さんとはるなん、
佳林ちゃんとりっちゃんとたぐっちが、
それぞれチームとなって広報活動もするみたい。
これから発表会の会場で野菜を売ることになるらしいから、
駆り出されるかもしれないな・・・困ったもんだ。
245 :第16章 :2012/08/21(火) 17:24
私達のパフォーマンス集団は学院を離れて「全国行脚」と称して、
全国各地を巡る発表会の旅に出た。
全国といっても、北は仙台、西は神戸あたりまでなんだけどね。

日程は見た目は余裕があるみたいだけど、
経費削減ということで、青春18きっぷを使った鈍行の旅で時間がかかるし、
宿もあまりよいところに泊まれないので、疲れが溜まってしまう。
いろいろアクシデントも起きた。
乗り間違えたり、時間を間違えてボー然としたりとか。
マイクは五本しか準備できず、それを受け渡して凌いでいたけれど、
その時にマイクを落としたりしたためか、
調子が悪くなったのがあって、しばらく四本だけになったこともあった。

いろいろ大変なこともあったけど、
どの会場も小さいながらも満員に近いお客さんが観てくれたしで、
大成功といってもよいと思う。
そしてゲリラライブでは、マイクを使わずに地声だけでおこなったこともあった。
とにかく将来プロとしてパフォーマンスしていく自信がついたと思う。
246 :第16章 :2012/08/21(火) 17:25
最近学院の大倉庫からピアノの音が聞こえるという怪談みたいな話が出ている。
それは何でもマノチャンが昔パフォーマンスに使用した電子ピアノだという。
確かに今ではマノチャンはすっかり使うことが無くなって、
そのピアノは倉庫に眠っているという話だ。

田中さんのバンドでキーボードとして使う予定があるという話も出ているが、
また特注のを買うという噂もある。
このピアノの行方も気になり始めると、
しばらく注目していたいと思ってしまう。
247 :第16章→第17章 :2012/10/08(月) 17:37

・・・・・
248 :第17章 :2012/10/08(月) 17:39
季節も秋になって私としては、これからが何か新しい段階の試練だと思う。
同じE寮では山賀さんは秋から新学年が始まる大学に進み、
そして小田ちゃんはM寮のセレクションにただひとり合格して移った。
真野ちゃんも優秀で来春には大学院の博士課程を修了して、
本学院の教師となることが決まったみたいだ。

そして私は優秀生徒集団Hの中のパフォーマンスグループに帯同して、全国各地を回ることになった。
一緒に行くのは、ななみん、たぐっち、はまちゃん、つかぽんで、
この5人でパフォーマンスグループを結成して、H寮に移れるかもしれない。
また最優秀生徒集団Mのパフォーマンスにバックダンサーとしてりっちゃんとむろたんが参加して全国を回るので、
もしかしたらこのふたりも加わったグループになるのかも。
249 :第17章 :2012/10/08(月) 17:40
最近学院では足を怪我する人が多いみたい。
M寮ではあゆみんとくどぅが、H寮ではあやちょ、E寮ではつかぽんが・・・
何かの祟りかもしれないっていう噂が出ているみたいだけど、
たいじょうぶ・・・て思うことにしておこう。
250 :第17章 :2012/12/12(水) 16:58
新年からH寮に大学二年の宮崎由加、E寮に大学一年の金澤朋子、高校一年の一岡怜奈、中学三年の加賀楓と岸本ゆめの、二年の牧野真莉愛と和田桜子って子が入ってくるそうだ。
そして田中さんは張るには大学院課程をを修了して、卒業されることが決定したみたい。
卒業後は形式上は本校の教員となるけど、実際はガールズバンドを組んで活躍されるそうだ。

それから理事長が守りに入っていたのを一転して、攻めの経営に転換したようだ。
大阪と札幌、そして新たにできる名古屋の私塾の入塾試験を行うのだが、
特に優秀な者は、本校の特待生としてE寮に入寮できることを明らかにして、
大々的におこなうことにしたようだ。
これで一般学生の入学希望者が増えるなど、よい方向に進めばいいんだけど・・・
どうなるんだろう?
251 :第17章 :2012/12/20(木) 20:18
新年から入寮する学生が追加された。
H寮に大学一年の田崎あさひって子が入ってくるそうだ。
これで本年度はもう入ってこないと思うんだけど、
近頃異例なことがおきるから・・・
252 :第17章 :2012/12/20(木) 20:18
それはそれとして、学院の研究費が足りないと高橋先生は嘆いているようである、
といっても今まで研究費がいくらあっても足りたことはないのだが。
資金を作るために、学債を今度こそは発行にこぎつけようと頭をひねくり回したらしい。
(詳しくは >>107-110 を参考に)
ただ以前頼りにしてた紺野さんは、大学院を卒業して一般企業に就職してしまい、
頼りになる頭のよい参謀はいない・・・いや光井さんがいるということで、
とりあえず光井さんと相談したようだ。

償還期間はあの時のまま100年とかでたらめな条件そのままで、強引に進めるようだ。
議論の中心はどんな付加価値をつけるかということで、
国立印刷局にデザインを含めて頼もうかと考えたけど、
伝手がなくてどうにもならなかったそうだ。
利子クーポンは学内の売店とか学食とかで使えるようにすれば、
それだけ償還資金を準備しなくてよいねとか、
それより学院創立15周年記念コインを作ってそれをつけたらどうだろう・・・みたいな話になったのだが、
どれも実現するのが難しいということになって、またしても立ち消えになってしまったようだ。
253 :第17章 :2013/03/20(水) 15:27
ようやく私にも運が向いてきたみたい。
新しくできるパフォーマンスグループに選ばれた。
他には植村あーりー、さゆべぇ、つかぽん、かなとも、そして宮崎ゆかたんが選ばれた。
すでにH寮にいるゆかたん以外の5人もH寮に移ることになった。

これで将来有望になってきたかと思ったんだけれど、
M寮のセレクションがおこなわれることが決まった。
そういうことで学内の注目は完全にそっちにいってしまちゃうよ。
なんだかついてない・・・
254 :第17章 :2013/04/13(土) 18:55
新年度になって、E寮に中学二年生の佐々木莉佳子が転入してきた。
どこかの地方でアイドルの真似事をしていたらしく、
その地方ではテレビにも出演したことがあって、
一部ではすでに名の知られた存在だって。
このひとりだけの転入は、何かさびしい感じになるものだが、
それを上回る何かを持っているように思える期待の新人だと思う。

そういえば、学院は里山運動の延長線にあるという里海運動も推進していくことになって、
いくつかのユニットを結成したようだけど、自分たちには関係ない・・・と思うけど、
H寮にうつったからかかわることがおおくなるのかも。
255 :第17章 :2013/05/18(土) 17:52
E寮の公開実力診断がおこなわれて、
そのイベント部分にゲストとして出演した。
これまで内々で実力診断をやってたんだけど、
外にも公開して公平感を出してきたみたいだね。
そこでは、わださく、ななみん、むろたんが、よくできましたと表彰された。

みんなよく出来たねって思ってる、上から目線の自分がいる。

その後にE寮の入寮試験に合格した六名が発表された。
高校3年生の田中可恋、稲場愛香、2年生の三瓶海南、藤井梨央、1年生の真城佳奈、
それから中学三年生の井上ひかるが入寮することになった。
E寮だけ人数がかなり多くなってきているけれど、
分割するという話は今回はまだ出てきていない。
256 :第17章 :2013/05/18(土) 17:53
最近になって、愛ちゃん先生が中期海外留学するという話があったにもかかわらず、
それが実行されていない。
その理由についての噂が流れている。
今までは学院に金がなくて、できないという噂が出ていたが、
実は恋人がいて、離れ離れになりたくないために止めたというものである。

どこまで本当だかわからないけど、
とりあえず事実だと思っている。
257 :第17章 :2013/05/18(土) 17:53
ところでどこかの野外音楽堂の90周年記念事業の一環として、
学院でフェスティバルをすることになって、
各グループごとに出演審査を受けたんだけど、
自分達のはほとんど却下されてしまった。
残念だけどまだ客前に出せる物じゃないんだと思って、
もっと頑張らなくてはと誓うのだった・・・
ということにしておこう。
258 :第17章 :2013/08/31(土) 15:33
夏休み前にE寮の「おかむー」とH寮の「つかぽん」が親の都合で転校する事になった。
本人は望んでるわけではなかったので、
このことについては、いろいろ思うことがあるんだろうけど・・・

それからM寮の選抜試験の結果なんだけど、
入寮対象者なしということになった。
また特待生制度が少し変わるようだ。
これまでは入寮試験に合格すれば、すぐにE寮に入れたのだが、
これからは半年ほどの試行期間が設けられ、
適正が認められれば、E寮に入れるということにあるようだ。
259 :第17章 :2013/08/31(土) 15:33
これからどうなるのか気になるところだけど、
私にはそれより問題なことがある。
こないだちょっとしたことでこけてしまって、足を痛めたんだけど、
しばらくは捻挫だろうということで、少し静かにしたんだけど、
痛みが退かないので、もう一度診てもらったら、
どうも骨折してたようで、今はギブスをして歩いてはいけない状態になっている。

どうしたもんだか・・・
260 :第17章 :2013/09/05(木) 17:25
9月に入っても暑い日が続いてるな。
そういえば、H寮の久住さんは大学院の課程を形式的には終了して、
形の上では学院の研究員になったらしい。

実際のところはいろいろ問題を起こして、ただ学則には違反してないのだけど、
学院の和を乱しているとして、さっさと卒業させてしまえというのが、真相らしい。

とはいっても、芸事には非凡な物があるから、
研究員として一人で自由にやらせようというのが、理事長の考えのようである。
261 :第17章 :2013/09/05(木) 17:25
こないだたけちゃんと会って、久しぶりに話をした。
そこでE寮の4回目の入寮選抜試験で一緒に合格したふくちゃんとりっちゃんの話になった。
ちなみに私はその次の試験で合格したんだけどね。
・・・・・
まずふくちゃんがM寮の選抜試験で合格してM寮に移った時、
「次はふたりの番だから、がんばってね」
その言葉を励みにして・・・

その当時、E1、E2寮では最初の頃からいた人が次々と辞めて逝ったから、
何か不安で落ち着かなくて・・・
いつの間にか最年長というか、リ−ダーみたいな存在になってしまって・・・
262 :第17章 :2013/09/05(木) 17:26
S寮の入寮選抜試験にたけちゃんが合格して・・・
りっちゃんそれでもがんばって、次のM寮の選抜試験、それから新しい集団の選考試験とチャレンジして、
でも選ばれず・・・
めげたみたいだけど、二人から励まされてがんばってる、
「次は私の番だ」と・・・

「三人で同じステージに立てたらいいね」
久しぶりに会ったときそういう話になったみたい。

私にもわかる部分もあるけど・・・
同期で入った仲間がいない私には、うらやましいな。

ふと思った、私はリーダーじゃないけど、J班では一番古くから学院にいるから、
ゆかにゃんとかなともからいろいろ頼られてるなって・・・
りっちゃんともなんだかちゃんと話をしたくなった。
263 :第17章 :2013/11/16(土) 13:18
秋になっていろいろな変化があった。
まずこないだE寮に入ったばかりの真城って子が、早々と辞めてしまったみたい。
それからM寮の選抜試験でそこそこよい成績だった7人が、E寮に入ることになった。
高校3年生の山木梨沙、2年生の横川夢衣、1年生の新沼希空、
中学三年生の大浦央菜、2年生の段原瑠々と羽賀朱音、1年生の船木結である。

それで今回の増員に伴い、E寮は事実上高校生と中学生で分離して管理されることになった。
それからむろたん、くるみん、ななみん、などは、H寮に昇格するために、
先輩方の公演に試験的な帯同をしているようだけど、
どうも今年中には結果は出ないようである。
264 :第17章 :2014/01/23(木) 14:28
新学期に入って、H寮に大学三年も長谷川萌美が入寮することになった。
しかしりっちゃんは学院の大学には進学が認められず、退寮することになったみたい。
昔からよく知っているだけに、その悔しさはよく判る。
私は途中で転寮したから、どうしてそうなったのかよく判らないけれど、
学院が厳しく査定した結果だろうし、それを彼女が熟慮して出した受け入れたのだろう。

どうしているのだろうと彼女の部屋を訪ねた。
・・・・・
「どうして夢をあきらめるのよ!」
ふたりっきりになった時、思わず口にした。

「私やはり才能がなかったんだよね」
その言葉が胸に刺さる。
そして思わず反論する。
「そんなことないよ。
私だって何度も選抜漏れになったし。
あきらめないことが大事だと思うよ。」

「限界を感じてるんだよ、もう無理だって・・・」

その言葉に何もいえなくなった。
・・・・・
私たちは厳しい世界に生きているんだ。
だけど普通の人にはわからない楽しい思い出ができた。
これを忘れずにこれから生きていこう。
265 :第17章 :2014/01/23(木) 14:29
今回初めて学院でカウントダウンライブをおこなわれた。
私たち高校生以下は昼の部だけの出演で、
大学・大学院の学生や先生方による本編も途中までしか見れなかったけれど、
これから毎年おこなわれるらしいので、楽しみにしたいな。

そこで光井さんはまもなく語学留学なさることを発表された。
どこへいらっしゃるのか気になるところだけど・・・
それより気になるのは、噂だとこれから班単位を中心に芸能活動をするということで、
班に所属していない光井さんは構想外になって、海外修行に行かざる得なくなったのだという。
確かにM寮はQ班と天気班に、K寮はB班とC班に、H寮はS班とJ班とSB班とに分かれて活動することになるようだ。

それからつんく総長から重大発表があった。
なんでもM寮のメンバーとどこかの芸人とのコラボで、グループとして歌ったって踊ることをやるらしい。
いろいろ大人の黒い事情があるらしい。
これは学院の資金繰りが悪くなってきているように思えた。


新着レスの表示


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:146419 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)