■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

雅とりさこ

1 :ぃくべー :2005/09/20(火) 18:35
日曜日。 久しぶりに雅とりさこは仕事が休みだ。
りさこは大好きな雅と遊園地に行くと心に決めていた。
お父さんに必死でたのんでやっと遊園地のチケットをてにいれた。
ダンスレッスンがおわり、雅を屋上に呼び出すりさこ。
「みや〜。これ遊園地のチケットなんだけど、一緒に行かない?」
とたずねてみるりさこ。  雅が答える。
「うーん。遊園地か。最近行ってないしな〜。でもその日は久々にのんびりしようとおもってた
んだけど。まあいいか。」
りさこは、はしゃぎまわる。 仕事で遊園地や海に行く事は当然のようにあるが
雅と2人だけで遊園地にいった事などない。
「じゃあ明日○○駅に12時ね!」 雅が言う。
「うん。わかった。雅だーいすき」 りさこが言う。


                続く
2 :ななしいくさん :2005/12/12(月) 05:47
突然失礼します。
いま、2005年の飼育を振り返っての投票イベント
「2005飼育小説大賞」が企画されています。よろしければ一度、
案内板の飼育大賞準備スレをご覧になっていただければと思います。
お邪魔してすみませんでした。ありがとうございます。
3 :a :2005/12/23(金) 15:14
a
4 :ぃくべー :2005/12/23(金) 15:26
〜遊園地へ行く日の当日〜
梨沙子は、雅と遊園地に行くのが楽しみで、
なかなか寝付けなかった為、寝坊してしまった。
「しまった〜もう11時50分だぁ〜!!」
梨沙子は、慌てて用意をし、急いで家を出た。
一生懸命に走ったが、駅についたのは、12時を少しまわっていた・・。
すでに雅は駅にいた。
「みやぁ〜ごめんねぇ〜?楽しみにしてて眠れなかったの、
そして、起きたら12時前10分だったの。本当にごめんね?」
「いいよ、少しくらい、早く遊園地にいこっか」
「うん!!!」
ふたりは、手を繋いで遊園地へ向った。
      
         続く
5 :ぃくべー :2005/12/27(火) 23:39
30分後。
「やっとついたぁ〜、みやぁ〜はやくはやく〜」
「わかった、わかった、梨沙子はしゃぎ過ぎ・・・・。」
(まっ、そんな梨沙子も可愛いんだけど・・・・。)
「みやぁ〜乗り物に乗るのはいいんだけど、梨沙お腹すいちゃった
 だから、さきにご飯食べた〜い!!」
「はいはいわかりましたっと。で、なに食べるの?」

もうこれ以上書けない・・・・・思いつかない・・・・。
という事で、新しいのを書かせていたたきたいのですが・・・
というか、新しいのかきます。
6 :ななしいくさん :2006/03/18(土) 18:02
下手くそだからもう書かないでくださいお願いします
途中で投げ出すのも下手くそなのも荒らしと一緒ですよ
7 :ななしいくさん :2006/03/18(土) 18:10
落とします
8 :末っ子りしゃこ :2006/08/11(金) 21:06
―――あいこで、しょ!!
もう何回もリピートがかかりすぎです。
五つの手が汗をかいて、十の目は真剣そのもの。こわいです。

―――しょ!!・・・しょ!しょ!!
三歩はなれてその様子をおやますわりでみているのが一人。りさこちゃんです。

―――あいこで
なかなか決まりません。
二三人でペアになってしたほうがはるかに早いのですが、
熱いたたかいに興奮しすぎて気付きません。
りさこちゃんはつまんなくてむくれてしまいます。
でも、それさえもまったく熱い五人にはみえません。

―――ぁいこで し ょ !  !
ぐー、ぐー、ぐー、ぱー、ぐー ・・・・・決まった!!

「―――や」ったー!!と勝者の桃子ちゃんがが甲高い声をさらにあげた  瞬間。

がちゃ 
「あ、りさこ、鮭とばいる?」「いるー!!」

ドアから入ってきたみやびちゃんにとびつくりさこちゃん。
ひまな上に大好きなみやびちゃんの登場でうれしさ二倍。
しょうがないなぁ、と言いながらもみやびちゃんは頭をなでてくれます。
りさこちゃんはしあわせになりました。

崩れ落ちた一同にマイペースみやびちゃんは一言。「なにしてたの?」

だれがりさこちゃんにおかしをあげるかたいかいです。
9 :ななしいくさん :2006/08/16(水) 00:31
作者さんは養護学校出身の方?
10 :ななしいくさん :2007/10/12(金) 23:34

新着レスの表示


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:3816 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)