■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

ボクとキミの物語

10 :L.O.D :2015/09/26(土) 16:43
バタバタと浴室の方に朱莉が行くと、りなぷーは据えられたソファに腰を下ろして
鞄を下ろして、携帯をオフにした。
お互いの部屋や宿泊先のホテルじゃない空間。
お湯を出し終わったらしく、朱莉が戻ってくると
横に腰を下ろしたと思ったら
抱きつくというよりも押し倒される。

「待って、待ってー」

「んー!」

「犬なの!?」

「へへっ」

「もー、ちゅーくらいしよーよ」

唇をかわすと、探るように指を握られた。
柔らかな感触。
さっき食べたパフェの甘さ。
朱莉が舌出して、って言うから伸ばすと
ねっとりと優しく絡み付いてくる。
頭の奥がじわじわと痺れていく。

「はぁ………」

「服脱がせて………?」

「うん…」

向かい合いながら、朱莉の手で服を脱がされる。
朱莉の指輪を外したりしながら、時折、キスをする。

「好き」

「好きだよ」

「もっと」

「好き………」

「朱莉………」

続きを読む


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:11349 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)