■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50

変態小説集(エログロ注意)

1 :名無飼育さん :2006/07/13(木) 21:57
ひっそりと変態小説を書き込みます。
内容はエログロスカトロなんでもありの酷いものです。
143 :いけない妹・絵里 :2006/08/31(木) 21:23
「お前もここでいいか?」
俺は道重の綺麗なピンク色の肛門を軽く爪先で弾いた。
「もちろんです!絵里より強烈にお願いしまーす!」
「ボロボロになるけど、いいか?」
俺はこれから道重の肛門をしばらく立ち上がれなくなるほど酷い目にあわせるつもりだ。だからその前に一応の了承を得ておくために尋ねた。あくまでも双方の合意の上、という形にしておきたかったのだ。
「怖ぁい!・・・いいですよぉ!さゆみ、そういうふうに脅されるほうがゾクゾクするの!キキキキキキキキッ・・・」
俺は目を光らせた。そうか、それならお望みどおり、強烈にかわいがってあげよう。俺のマインドはエスカレートした。
さよなら、道重。もうすぐお前は廃人だ。一時の気の迷いとはいえ、こいつを好きだったこともあったんだな。そう思うとムラムラと欲情し、俺の愉悦は煮えたぎる。
俺は秘密の隠し場所から護身用の縫い針を取り出した。
「いいかい、いくよ・・・こいつめェ、これでも喰らえ、これでも喰らえ・・・」
道重の肛門をずぶずぶと滅多やたらに突いた。
「ぎゃうっ!ひい!痛いよ!さゆみっ!痛いの!ああん!」
道重は苦痛に顔を歪めながらもおっぱいを揉みしだいている。
そして更に呆れたことに、目だけは笑っている。
涙を流しながら歓喜している。
そんな道重の姿を見て、俺は今までに感じたことのない不思議な浮遊感を覚えた。
今ほど人を愛しく感じたことはない。
144 :いけない妹・絵里 :2006/08/31(木) 21:24
こいつのことは元々好きだったのだ。好意から激しい憎しみに変わり、その後真の愛へと転変するのはさほど珍しいことではないだろう。
それに、絵里との歪んだ関係から抜け出せそうな光明が見えてきた。
だがそんなことよりも、とにかくこいつを完全に俺の物にしたい。道重の肛門を破壊することが道重を俺だけのものにすることだ。俺が今のこの瞬間に求めているものはそれだけだ・・・。
もっと速く、もっと深く・・・血に染まった俺の手は愛に満ちた行為を続けた。
俺はその間に二度も自然に射精した。イチモツに触れることなく。
道重の美しかった肛門は血と小さな穴だらけのぐちゃぐちゃな傷口になった。
そしてその傷口の裂け目のような穴から、ぽろぽろと兎のような、チョコボールのような、小さな丸いうんこがこぼれ落ちた。
ぽろぽろぽろぽろ、面白いようにこぼれる。
かわいらしいうんこ製造機だ。
「ああ・・・うんこだ!・・・うんこだ!・・・やったーっ!!」
道重は嬉しそうだ。そりゃそうだろう。こんなかわいいうんこを出したんだ、かわいい物好きな道重は嬉しいだろう。
「馬鹿ねお兄ちゃん。さゆはもう十分壊れているんだから、そんなことぐらいじゃ効かないよ。さゆをボロボロにするなんて言ってたくせに、便秘を治してあげたりして、かえっていいことしてあげてるじゃない」
いつの間にか絵里が復活して、苦々しい表情で俺たちを眺めていた。
そうか、俺の道重は便秘だったのか。だからこんなポロポロうんこが出てきたのか。
俺は深く感じ入り、気がついたら美味そうな甘そうな道重のうんこを口いっぱいに頬張っていた。
145 :いけない妹・絵里 :2006/08/31(木) 21:26
「お兄ちゃん!!」
絵里の怒声で俺は我に帰った。絵里の形相は鬼に変じていた。
「まさか・・・さゆのこと、本気で好きになっちゃったんじゃないの?・・・私より好きに・・・」
俺は咄嗟に愛しいうんこを飲み込んだ。せっかくの道重のかわいらしいうんこを絵里に吐き出すよう命じられる危険があったから。食道から臭い空気がこみ上げてきた。
俺はうんこ臭い息を撒き散らしながら弁解を試みた。
「いや・・・その、まあ・・・そんな・・・」
弁解の言葉がうまく出てこない。絵里の形相に威嚇されて俺はしどろもどろだ。
「さゆのこと何とも思ってないんだったら、もっとちゃんと酷い目にあわせてよ」
絵里は俺を見下したように言った。だが絵里が俺を見下すのも当然。俺にはこれ以上のいたぶりが思いつかない。
「お兄ちゃんができないんだったら、絵里が退治してあげる」
ヒャアヒャア笑っている道重を狙って、絵里の短いが頑丈そうな脚が空を切った。
どにょっ!・・・嫌な感じのする音が響いた。
「ギャアアアアアアアアアアア・・・」
道重が千切れるような悲鳴をあげた。
道重のおまんこに絵里の足が半分めり込んでいる。
「うげっ・・・ぐぼっ・・・」
これにはさすがのキチガイ道重もたまらず、口から緑色の液体をびしゃっと吐いて悶絶した。
「女の子はこうやってやっつけるのが一番効くんだよ」
絵里はそう言いながら道重のおまんこの中でしばらく足をかき回し、抜いた。
絵里の足は見たこともないような色に染まっていた。
146 :いけない妹・絵里 :2006/08/31(木) 21:27
「さてと。お兄ちゃん、さっきまで絵里がさゆをかわいがりすぎてたから怒ってたみたいだけど、お兄ちゃんだってさゆに絵里にやるよりもすごいことやってあげたじゃない。しかも、どうやら本気で好きになったみたい・・・。ひどいね。許せない!・・・覚悟はできてるね」
俺は半分腰を抜かした状態でへたり込んでいたのだが、絵里に肩を突かれ、挿入されるのを待つ女の子のように股を開いてごろりと転んだ。
「そう。そのまま。その格好のまま待ってなさいね」
絵里はいつも持ち歩いているのか、カバンから巨根ペニスバンドを取り出し、腰に装着し、ローションも塗らずに俺の肛門に突き立てた。
苦痛に歪む俺の顔を青空のような虚ろな笑顔で見つめながら、絵里は腰を大きくグラインドさせた。
ぐしっ、ぐしっ、尻の中の柔肉が擦れる痛そうな音が、痛みを受けている俺の耳にも入り、それに喚起されて更に痛みが増す。
「お兄ちゃん、ずっとこうしてほしかったんでしょ。私に犯されたかったんでしょ」
絵里は全てを見抜いている者にのみ許された得意げな表情で、腰の動きを強める。
・・・ああ、そうだ。きっとそうだ。俺は絵里にこうやって犯されることを漠然とではあるがいつもこっそり思い描いていたんだ・・・
みしみしと肛門が裂けるのがわかった。だが、これは絵里が俺を犯すのに付随するものなので、火傷のような痛みも喜んで受け入れねばならない。
ペニスバンドを介してではあるがついに絵里と一つになれたのだ。一つになって、本来あるべき姿に生まれ変わったのだ。いや、戻ったのだ。
147 :いけない妹・絵里 :2006/08/31(木) 21:27
感動でむせび泣く俺に向かって、絵里は腰を振りながら饒舌に喋りかける。
「どう?気持ちいいでしょ・・・。女の子になったらこういうふうにやられるのよ。女の子になりたくならない?さゆはもう再起不能だろうからお兄ちゃんが女の子になって娘。に入ったらどうかな?絵里のコネでね。そしたら絵里とももっと一緒にいられるよ。あはははは・・・・・・ああ、絵里も気持ちよくなってきたぁ。でも、もっと気持ちよくなりたいな。・・・さゆみたいなことをお兄ちゃんがやってくれたらいいのに・・・でも、そしたらお兄ちゃんを犯しながらじゃできないか・・・・・・そうだ、あれを使えばいい!」
絵里は腰を振ったままペニスバンドが入っていたカバンを引っかき回し、何本かの爆竹を取り出した。
「テレビ局から盗んでおいてよかった」
絵里は爆竹を束にして、通常のものより長い導火線に火をつけ、無造作に自分の尻に突っ込み、一段と激しく腰振りを再開した。
高まる期待に、絵里は白目を剥いて涎を垂らしていた。
「お兄ちゃんを犯しながら・・・お尻の穴が壊れる・・・お兄ちゃんを犯しながら・・・お尻の穴が壊れる・・・お兄ちゃんを犯しながら・・・」
絵里は呪文のように繰り返す。
このままでは絵里の肛門は粉々に吹き飛ばされてしまう。肛門が吹っ飛んでも死にはしないだろうが、俺にとっては致命傷だ。俺の手でそこに刻印しないと意味がないのに、その対象がなくなってしまうのだ。
「絵里、やめろ!」
・・・ああ、爆竹なんかに壊されたのでは、絵里は誰の物でもなくなってしまう。せっかくつかみかけた俺の手からすり抜けて、二度と俺の手の届かないところへ行ってしまう・・・
・・・絵里が望むのなら、ペニスバンドをちょっとの間抜いてくれさえすれば俺が美しく壊してあげるのに・・・そうすれば絵里は俺だけのものになるのに・・・
「絵里・・・お願いだから・・・やめてくれ・・・」
だが絵里の表情は既に常軌を逸している。もう何も聞こえず、何も見ていない。自分でもどうしようもない力に動かされているだけだ。
苦痛と疲労と緊張で、俺の頭も限界を迎えて朦朧としてきたが、最後の力を搾り出して絵里を止めようとした。
「やめろぉ・・・やめてくれぇ・・・やめろぉ・・・」
薄れゆく意識の中で、絵里にはもう届かないのだろうが、俺はいつまでもいつまでも呼びかけた・・・。
148 :いけない妹・絵里 :2006/08/31(木) 21:28
―――終わり―――
149 :名無飼育さん :2006/09/01(金) 21:06
更新乙m(__)m
150 :名無飼育さん :2006/09/04(月) 00:26
面白かったです
オシッコスカは書いたりしないんですかぁ?
書くなら見てみたいです
151 :さゆみんの垢 :2007/01/24(水) 22:52
目に排泄物を!
152 :さゆみんの垢 :2007/01/24(水) 22:52
目に排泄物を!
153 :名無飼育さん :2007/01/24(水) 23:46
5
154 :名無飼育さん :2007/04/23(月) 07:56
内容が2chと同じ件
155 :名無飼育さん :2007/04/25(水) 00:01
 
156 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
157 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
158 :名無飼育さん :2007/07/04(水) 00:56
削除なんて駄目です。考え直してください
159 : :2007/10/04(木) 19:59
ああああああああああああああああああああああああ
160 :名無飼育さん :2007/10/05(金) 00:25
 
161 :名無飼育さん :2007/10/11(木) 22:59
>>1-100
162 :名無飼育さん :2007/10/11(木) 23:52
163 :……… :2009/05/28(木) 23:02
ふっ
164 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
165 :……… :2009/05/28(木) 23:33
ふっ
166 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
167 :名無飼育さん :2009/05/30(土) 01:32
とりあえずochi
168 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
169 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
170 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
171 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
172 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
173 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
174 :名無飼育さん :2009/06/13(土) 16:12
とりあえず落とします(^O^)/
175 :もしも :2009/06/15(月) 01:25
落とすとは?
176 :名無飼育さん :2009/06/15(月) 19:24
>>175
メール欄にochiと入れるとスレッドが一番下に落ちる事
内容がエロの場合は一番下でやるのが無難かなと思います
177 :(●´ー`) :(●´ー`)
(●´ー`)
178 :もしも :2009/06/23(火) 23:47
この前はコメどーも(^∇^)/
これはお返しです
良い曲です是非ゲットしてね
まずはこれ:曲名:BLUES
歌手名or歌手メンバー:SOUL'd OUT





続いては…


曲名:S.O Magic
歌手名or歌手メンバー:SOUL'd OUT



ラストは



曲名:1/6夢旅人
歌手名:樋口了一




これがオススメです
179 :もしも :2009/06/23(火) 23:52
あぁ一言忘れてた(;∵;)



是非ご感想を(^O^)/
180 :名無飼育さん :2009/06/24(水) 23:43
>>178-179
いくら更新のないスレでも人のスレに勝手に小説書かないで。

181 :もしも :2009/06/26(金) 04:49
俺の事か?(笑)
182 :名無飼育さん :2009/06/26(金) 18:40
ochi
183 :ホザけよ(笑)テメェも書いてんだろ?よそのスレでよ! :2009/06/29(月) 07:00
そんだけだ
184 :名無飼育さん :2009/08/05(水) 15:25
「愚人の変態小説」
もう、めっちゃくちゃに楽しいブログだよ。検索してみてみ。
185 :名無飼育さん :2009/08/06(木) 00:47
orz
186 :XXXXX :2009/08/18(火) 02:51
ochi
187 :名無飼育さん :2009/12/19(土) 16:10
2chの母親のレイプ小説2などはエログロとしては最高
188 :名無飼育さん :2010/10/21(木) 16:02
こっちの方が面白い

ttp://m-seek.net/tr/index2.html
189 :スカトロさゆみん :2012/08/06(月) 11:57
「残っていたうんこが逆流して口からとろりと・・・」マジわろた。ww
190 :名乗るほどの者出はない(笑) :2012/10/31(水) 15:41
キモイ(笑)ww(゚∀゚ゞ)
191 :みふつす :2013/02/18(月) 21:57
死ね!カス共!!!
192 :pnFMOr3087 :2016/07/07(木) 15:53
Wow, Love Mae have some such a long way since they first started with just decals! The childrens bed sheet sets are stunning, but I? have to say the girls duvet cover is my absolute favourite ? the style of those fabric petals is so dieefrfnt. Well done to you both on such a fantastic giveaway!

新着レスの表示


掲示板に戻る 全部 次100 最新50

現在のスレッドサイズ:130630 byte

名前:

read.cgi ver5.27 + 0.02 (04/08/03)