幻板

前のページ 最初のページ 過去ログ i-mode 掲示板リスト FAQ リロード

91 : dogsW (496)  92 : 彼女の魔法 (551)  93 : かみさまの天秤 (979)  94 : Kiss&Crybaby (458)  95 : バケツの水 (144)  96 : エスパー舞美 (306)  97 : モベキマス戦記 (676)  98 : あの頃歌った数え唄 (355)  99 : A (62)  100 : 恋人役の話 (323) 
過去ログはこちら

【91:496】  dogsW
1 名前: 投稿日:2007/11/11(日) 16:19
水板でT.U、夢板でVと長文を続けてきた拓といいます。

長い物語で、大変ご迷惑をおかけしますが、
迷惑かけついでに色んな板に行ってみようと、最後にこちらに顔を出しました。

相変わらず、突っ込み所の多い駄文ですが、暇つぶしにどうぞ。


494 名前:名無飼育さん 投稿日:2008/11/22(土) 06:25
しばらく板から離れていましたが、久し振りに覗いてみたら外伝UPラッキーでした。
ここがまだ続いていたのを見たときは思わずガッツポーズをしてしまいました。
本編の頃はプリントアウトして持ち歩くほど好きだったのでチョーうれしいです。
外伝の楽しく読ませてもらいましたが、できれば続編が読みたいですネ。
勝手なことを書きましたが気にせず書きたいことを自由に書いてください。
拓さんの文章はとても好きです。のんびりお待ちしています。

495 名前:名無飼育さん 投稿日:2009/03/25(水) 16:31
本編でも好きだった名脇役の2人が楽しそうで、
こちらまでいい気分で読み終わりました
今頃のコメントであれですが本当に良かったです

496 名前:名無飼育さん 投稿日:2009/06/14(日) 18:19
久しぶりに読み返して見ました。
やっぱりイイですね。またいつか拓さんの作品に会える日を待っています。

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【92:551】  彼女の魔法
1 名前:名無飼育さん 投稿日:2008/02/13(水) 22:41
夢板「彼女の限界」の続きです
年齢と性別を多少いじっています。苦手な方はお読みにならないほうがいいかと思います
万一、エロになる可能性もありますので、15歳未満の方、心がピュアな方はご遠慮ください


549 名前:名無飼育さん 投稿日:2008/11/07(金) 20:48
更新お疲れ様です!
やじももは今度は幸せになれそうで良かったです。
個人的にはよしあいの今後も気になるんですが・・・
結婚式のお話など書かれる予定はあるんですかね?

どちらにしても次回を楽しみに待っています!!

550 名前:名無飼育さん 投稿日:2008/11/07(金) 22:10
川*’ー’)<やっぱりひーちゃんは絵里のことが好きなんやね…

551 名前:(0´∀`)人(’ー’*川 投稿日:2008/11/16(日) 23:55

>>543-544さん
ありがとうございます\(≧▽≦)丿
水板で次の話を書き始めたのでぜひどうぞ(^O^)

>>545 494のやじももヲタさん
ダーーッ!!!!!!!!!
これからもよろしくです

>>546さん
グッジョブです

>>547さん
そんな予想wwwwwwwwwwwwww
これからの展開も少なからず予想されると思いますけど
どんどん裏切っていきたいと思います

>>548さん
キャプテンは水板で華々しくデビューです

>>549さん
ありがとうございます!
よしあいの今後を気にしてくれて私はうれしいです
予定はまだ未定です
次回もよろしくお願いします

>>550さん
从*^ー^)<そうですよ?
( ・e・)<おまえが言うな


(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【93:979】  かみさまの天秤
1 名前:名無飼育さん 投稿日:2008/07/28(月) 14:57
前スレ
ttp://m-seek.net/test/read.cgi/wood/1207838924

新しいスレでも取りとめもない普通の時間を書かせていただきます。
何卒よろしくお願いいたします。


977 名前:Happy_girl-ver.3.0.0- 投稿日:2009/10/21(水) 20:38

 小さい頃から歌が好きだった。
 一人きりで歌うのも嫌いではなかった。
 けれどどちらかというと、みんなで歌うことが好きだった。
 マスクで覆われていることをいいことに、合唱曲の定番「春に」を歌ってみた。秋だけど。
 声が掠れて上手く音が出せなかった。
 歌というより呟きみたいだった。しかもやっぱりタイトルが春なだけに。今の季節には全然似合わなかった。

 明日とあさってが一度に来るといい

 もう、そんなに乱暴な思いに焦がれることはない。

 「愛ちゃん」
 だって、明日とあさってが一度に来たら1年なんてあっと言う間じゃん。
 それは困る。だって1秒だって長くみんなといたいから。
 もっと、一緒にいたい。
 ずっと、一緒に、歌っていたかった。

 「遅い」
 私の不満の声なんて気にもせず、里沙ちゃんは私の手にある袋を目ざとく見つけて。
 「まーた、雑誌買ってる」
 昨日も買ってたのに。
 「昨日買ったのとは別のヤツだし」
 「なんで何冊も買うのかなぁ。昨日だって3冊買ってた」
 小姑か。
 突っ込みたくなる言葉を飲み込んでマスクの下でへの字を唇で模った。
 「ええんやって。腐るモンじゃなし」
 「腐らなくたって、限度があるの」
 蛍光色の白とオレンジの混ざった外灯に浮かんだ里沙ちゃんの様子にほっとしたのは事実だった。その顔から視線を背けて立ち上がる。
 子どもっぽい態度の私とは違って里沙ちゃんは始終落ち着いていた。
 「愛ちゃん、ご飯食べた? 」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

978 名前:Happy_girl-ver.3.0.0- 投稿日:2009/10/21(水) 20:38

 「ヨーロッパ軒。ソースカツ丼はヨーロッパ亭じゃなくてヨーロッパ軒」
 「そうそう、それ。この近くにはさすがにないでしょ? 」
 「ほうやなぁ」
 8番ラーメンだってない。
 かさかさ音を立てるレジ袋を反対の手首に掛けて、空いた手で里沙ちゃんのそれを取った。
 いつもマスクを欠かさない自称几帳面な里沙ちゃんが今はしていなかった。私もがさがさとマスクを外す。
 昼間の乾燥した空気より、夜の空気は湿気が多い気がする。

 声にならない叫びとなって
 こみ上げる
 この気持ちはなんだろう

 「あ、それなんか聴いたことある」
 繋がれた手など気にすることなく、当然であるかのように相手も力を込めてきた。
 「合唱部で歌った」
 私のぶっきらぼうな返答に大袈裟に「あーそっかー音楽の時間かなんかで聴いたことあるのか」と里沙ちゃんは合点していた。
 「ラーメン、塩ととんこつどっちいい? 」
 里沙ちゃんは、何も聞かなかった。
 本当に一緒にご飯を食べる約束をしていたのかと錯覚してしまうくらい普通の態度だった。
 何かあった? と電話口で一度尋ねたきりそれ以上は追求してこない。
 素っ気無いようで、有難い里沙ちゃんの寛容さに不思議な心地よさを感じて顔がヘンになる。
 どうして、里沙ちゃんは分かるんだろう。
 「んー、塩」
 きっぱりと里沙ちゃんが答えた。
 「駅ビルの中に美味しいラーメン屋さんがあるの。女の人でも入りやすいよ」
 私の案に、相手は目を丸くして、また大袈裟な表情で頷いた。
 「じゃあ、そこにしよう」
 言葉足らずの私の気持ちを、私以上に分かっている風だ。
 私も塩ラーメンの気分だったし。

(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

979 名前:Happy_girl-ver.3.0.0- 投稿日:2009/10/21(水) 20:39

 「初めて、後輩の卒業コンサートだ」
 私の下手な言葉に里沙ちゃんがこちらを覗き込んできた。
 何て言ったらいい?
 小春に、贈る言葉は何を選べばいい?
 「恰好良い、パフォーマンスは大前提だって分かってる」
 駅が近くなり、人と車の数が多くなってきた。
 がやがやとBGMがうるさい。
 「でも、見せ方とか、歌とかじゃなくて。言葉にしなきゃいけないって思うと、余計に何て言ったらいいのか分かんなくなって」
 情けない気持ちで一杯になる。
 「私、リーダーなのに」
 俯きそうになった私の前髪を里沙ちゃんが撫でた。
 「いいんだよ」
 里沙ちゃんが眉を八の字にして困った様子になった。
 「恰好悪くてもいいじゃん」
 繋がれていた手を引き寄せられて、肩と肩がぶつかった。私の表情を隠すみたいに、里沙ちゃんが撫でていた手を後頭部の方へ移動させ私の視界は遮られた。
 立ち止まり、私は目を閉じた。
 「伝わるから大丈夫だよ」
 まるで魔法だ。
 里沙ちゃんの言葉は魔法のように私を強くする。
 額を里沙ちゃんの肩に預けて一つ息を吐いた。

 こんなに情けないリーダーでごめんな。
 いつもありがとう。

 「うん」
 顔を上げて里沙ちゃんの様子を確かめる。さっきと同じで眉尻を下げて困った表情をしていた。
 「そもそもねぇ、愛ちゃんが情けないっていうのは昨日今日のハナシじゃないんだから」
 「一言多いんやって、もー」
 顔がヘンになるのを隠すのに、さっき外したマスクを付け直した。
 「大丈夫や」
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【94:458】  Kiss&Crybaby
1 名前: 投稿日:2007/11/13(火) 03:40
田中道重、リアルです。
性的描写注意。色々と際どいのでsage進行で。


456 名前:名無飼育さん 投稿日:2009/11/15(日) 00:45
大好きなお話でした。完結ありがとうござます!
これから毎年9月5日はさゆれな記念日だ。来年の手帳に書いとかなきゃw
次回作・・・書かれる予定ございますか・・?
って終わったばかりなのにすみません。お疲れ様でした。

457 名前:名無飼育さん 投稿日:2012/11/19(月) 01:17
なんかここを思い出して来てしまいました
さゆれなのこれからに期待

458 名前:名無飼育さん 投稿日:2015/09/21(月) 01:25
Sack time
Aberration
Yearning〜.05〜
Undo
Real intention
Eclipse
Nailbiter〜first〜/Nailbiter〜latter〜
a

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【95:144】  バケツの水
1 名前:みら 投稿日:2009/08/25(火) 21:00
ベリキュー中心。
カプはご想像にお任せします。



142 名前:名無飼育さん 投稿日:2009/12/11(金) 01:52
更新お疲れ様です!
栞ちゃん頑張れ!!私も愛理の笑顔が好きだw

143 名前:sage 投稿日:2011/09/25(日) 01:25
まってます

144 名前:名無し 投稿日:2011/09/25(日) 01:26
おち

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【96:306】  エスパー舞美
1 名前:1 投稿日:2007/12/05(水) 00:07
「キュートォー!」
「えりか!」
「舞美!」
「早貴!」
「愛理!」
「千聖!」
「まい!」
「栞菜!」
「7人そろってぇー」
「はじける」
「ぞぉーい!」


304 名前:bLGiSXwa 投稿日:2011/04/23(土) 03:49
BUaKWm

305 名前:zSScHeDY 投稿日:2011/11/28(月) 09:33
tabckl

306 名前:名無飼育さん 投稿日:2011/11/28(月) 17:38
面白かった
もう一度読み直します

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【97:676】  モベキマス戦記
1 名前:名無飼育さん 投稿日:2011/11/12(土) 22:00




闇。
闇。
闇。



674 名前:名無飼育さん 投稿日:2012/03/23(金) 19:04
「ああ、これ?」

女性の問いかけに、思わず少女が頷く。血塗られた道を歩んでいた少女にとって、あまりにも縁のないものだったから
かもしれない。

「絵を描くのが、趣味なんだ。実は今もこうして横になってたあんたをモデルにして絵を描いてたんだよね。助けてあ
げたんだから、それくらい協力してくれてもいいっしょ?」

簡素なものだったが、そこにはイーゼルとカンバスがあった。どんなものが描かれているかは、少女からは見えないが。

「時間の、浪費ですよ」
「えっ?」
「絵など描いて、何になるんですか」

凡そ少女には理解できない趣味だった。
日がなじっとして、ただ絵を描いている。その意義が、少女にはわからなかった。
しばらく黙っていた女性が、不意に自らの手を見つめながら話しはじめる。

「自分の手がね」
「手?」
「うん。自分の手が、何ものかを生み出す実感を感じるんだよね。絵描きは自分の絵に命を吹き込むって言うけど、何
だか本当にそんな気がしてね。増してや、今まで奪う事しかできなかった手だから、余計にさ」

女性の背景に何があるのか、少女は知らない。ただ。
今まで奪う事しかできない手、という部分に少女は何かを感じた。恐らく、共通点を。暗殺者として人の命を奪い続け
た自分の手はまさに「奪う事しかできなかった」手だったからだ。

「まあとにかく。怪我が治るまで、ゆっくりしてきな。心配いらないよ、そんじょそこらの追っ手に負けるような腕の
鈍り方、してないから」
「え・・・」
「あんたの傷、特徴的なんだよね。背中にはいっぱい傷があるのに、正面にはほとんど傷がない。これは追っ手から逃
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

675 名前:名無飼育さん 投稿日:2012/03/23(金) 19:05


モベキマス戦記番外編「光明」 了



676 名前:名無し募集中。。。 投稿日:2013/07/10(水) 15:17
続きってもう書かないのかなぁ?

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【98:355】  あの頃歌った数え唄
1 名前:名無飼育さん 投稿日:2011/09/23(金) 07:00
*****


353 名前:誉ヲタ ◆buK1GCRkrc 投稿日:2012/01/21(土) 19:19
>>352
感想ありがとうございます。真野さんすごい人気ですね。
クセのあるキャラだったんですけど、結構気に入ってもらえて驚きました。
矢島さんは雰囲気だけのキャラだったんで出番は少なかったです。
それぞれの登場人物なりに存在感を出したつもりなので、楽しんでもらえれば嬉しいです

354 名前:名無飼育さん 投稿日:2012/02/25(土) 22:12
ハロプロメンバーへの部活の割り当て方がベストマッチしてますね。
部長鈴木愛理、エース和田彩花、演劇部嗣永桃子あたりが特にかっこよかったです。

数学女子よりも、この作品をドラマで見たいですよ。



355 名前:誉ヲタ ◆buK1GCRkrc 投稿日:2012/02/26(日) 22:38
>>354
感想ありがとうございます。
部活の割り当ては考えていて楽しかったです。
ホントにこんな学校があればいいな、とか想像しながらですね

数学女子学園はそれなりに好きです。あれはあれでコミカルで素敵だと思います

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【99:62】  
1 名前:aa 投稿日:2012/06/09(土) 12:59



60 名前:_ 投稿日:2013/05/01(水) 18:26

「 ねえ、ケメちゃん……なんで……! 」
「 うん 」
「 なんでっ……! 」
「 うん 」

一拍おいて、それからわたしは、「 ……なんで、……なんでなんでなんでっ!
わたしをここに連れてきたのよぉ! 」と、悲痛な思いを叫んだ。

が、残念ながらその思いは届かなかったのか。
ケメちゃんはとぼけたようにのんきに喋りだす。

「 ん?いやあ、ちょっとした気分転換になったらいいかな。って、思ってさ 」

わたしはうう、とケメちゃんのことを睨みつけた。

「 ……なによ、それ。わたしを慰めてるつもり? 」
「 ま。に、なればいいかなあ〜。……みたいなねー 」
「 な、馬鹿にしてるの?ちいっとも、慰めなんかになってなぁーいっ 」
「 ……ちょっと、梨華ちゃん。落ちついて。スゥー、ゆっくり息をすって。
 んで、ハァー、はいて。また深呼吸して―― 」

幼い子供を諭すような調子でわたしをなだめながら、
ケメちゃんはサングラスをそっと窓際に置いた。

( なによ……もうっ。人をバカにして……ッ )

それでちょっとカチンときちゃって……。

61 名前:_ 投稿日:2013/05/01(水) 18:36

……でも、そうね。
今日のわたしは気が狂っていたのかも?

……それに車内もなんだか蒸し暑かったし。
とにかく、今にも頭が沸騰しそうだったのよ。

着てきたスプリングコートをぽいと脱ぎすてながら、わたしは吠えた。

「 落ちつけるわけないでしょぉっ! 」
「 ……わかった、わかったからさ………… 」

が、咆哮する。

「 そうよそうよ!むしろ開いた傷口に、
 直接塩をぬりたくってるくらいなんだからあっ!! 」

しばしの沈黙。
その後真っ先に口を開いたのはケメちゃんだった。

ケメちゃんは両手をあわせながら、
「 …………やー、悪い。わたしが悪かったよ。ごめんごめん 」
「 ……ううー 」
と、それにまた涙目で睨みをきかせるわたし。

でもね。
八つ当たりだってわかってる。

( ……ごめんね、ケメちゃん………… )

そう、わたしは年度末、何年も勤めていた旅行会社をクビになってしまった。
(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

62 名前:_ 投稿日:2013/05/01(水) 18:38


   *   *   *

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード

【100:323】  恋人役の話
1 名前:名無飼育さん 投稿日:2015/04/23(木) 14:44
リアル宮崎金澤


321 名前:_ 投稿日:2016/05/08(日) 14:47
それでは。
最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

322 名前:名無飼育さん 投稿日:2016/05/09(月) 00:29
更新お疲れ様です。

恋の始まりの気持ちを思い出してとても胸がいっぱいになりました。
ときめきをありがとうございます。
そして、完結おめでとうございます。
終わってしまうのは寂しいですが、素敵な作品と出会えて嬉しいです。

また作者さんの作品に出会えますように。

323 名前:名無飼育さん 投稿日:2016/05/27(金) 00:01
とても遅ればせながら、完結お疲れ様でした。
作者さんの文章が大好きなので、
最終話を読んでから、その展開の爽やかな裏切られ感にジタバタ悶えつつ、
「はぁ、終わってしまった……」と落ち込みながら
最初からゆっくり読み返していました。

>>138の静かで大きい展開に、改めてため息をついてみたり
さんざん心の中で抵抗してる金澤さん、可愛いなあと思ってみたり。
でも、後半の展開の金澤さんは、もしかして:男前 とも思ったり。

今はゆかにゃんの心情を想像しながら、ああでもないこうでもないと考えて読み返してみたりしています。
金澤さんもそうやって考えて結論を出したんだなあと思いながら。(笑)
また作者さんの書かれたものを読めたら嬉しいです。

名前:
レスを全部読む 最新レス50 レス1−100 掲示板のトップへ リロード