蚕蚤

回顧のみ!
10月 18, 2010

CP

Posted by : reader
Filed under : 未分類

最近割とびっくりするような意見を目にしたのでCPについて書きたいと思います。

割とびっくりする、というのは議論板のこの意見のことです。

452 :名無飼育さん :2010/10/16(土) 15:13 ID:erX7M80U
健全な小説をA×BにしてCP小説をA→Bとでも表示すればわかりやすいのではないでしょうか

えっ。

×といえば掛け算で掛け算といえばCPすなわちカップリングで、CPといえば恋愛もの。その前提なし? 知らず? に分類してたんですか…? どこで×という表記を覚えたんでしょうか。そんなことって有り得るんでしょうか。すごく不思議です。その後に続く書き込みも知らないほうが当たり前であるかのようです。確かにCP用語を使う人間なら迂闊に、CP用語を知らない人の前で使わないように、うっかりつかっても分からないような隠語を使います。たとえば「やぐちゅー」とか「よしごま」とか「いちごま」とか、知らなければ何がなんだか意味わかんないですよね。「辻加護」ならともかく(※かごのの、ならCP用語かもしれませんね)。だから、2ちゃんねるなんかでその用語を転用されてるスレッドがあれば、前提が共有されてる人ならむしろ焦るわけです。好きなCPならなおさらです。だから、通常の人がその用語を知るはずがないわけで、その用語だけを知っていて普通に使っていて、でも意味は知らない、なんて有り得ないんじゃないかと思います。思ってました。

というわけで調べました。
割とすぐわかりました。こんなときに頼りになるのはいつだってキャラクター小説の世界さんです。

初心者の方へ

百合と定義して、レズとは非なるものとし、恋愛要素、ないしは【非常に仲のいい】というたいへん幅のある表現を使って説明されています。なるほど…。私が思っていたのより字義は広いようです。しかし、非常に仲のいい、はドラマで競演する二人というのとはまたちょっとニュアンスが違うというか、つまりその、百合という定義のなかでの【非常に仲のいい】ということで、つまりそれは、所謂【S】小説のことなのでは? とも思ったりもします。S小説というのは吉屋信子のお姉さま小説に代表される、伝統的な日本の少女小説のことですがここで門外漢が説明するにはあたらないでしょう。

それはさておき、自作をCP小説に分類してほしくない旨お伝えしたところ、そんなことにこだわるのはCPヲタだけだ!このクズ!呼ばわりされてしまったわけですが、いやクズまでは言われてなかったかな、自作以外の作品を見ていないのですが、上記引用部分からもわかるとおり、恋愛要素のないものばかりが分類されていたということなのかもしれませんね。
ここで大きく疑問に思うのは、なぜ恋愛要素がない作品がわざわざ「A×B」という二人限定のカテゴリに分類されてしまうのかということです。具体的な例を挙げると私の書いた話で、『あぶりだし』という作品があり、亀井の奇妙な行動について、田中と道重が翻弄されるという作品なのですが、田中×道重に分類されていました。案内板では私の表現が稚拙だからそのように分類されるのであって、分類されている方の責任ではないという指摘が468氏によりありましたが、そもそも「2人」を主眼に置いた話でもなければ、分類しやすいように書いた話でもありません。そもそも分類すること自体に無理があるのではないでしょうか。

私は議論板で一貫してCP小説というわけでもない普通小説を仕分けするのに「2人」にこだわる必要はそもそもないということをお伝えしていたのですが、私の表現力が至らず理解されるに及ばなかったようで、とりあえずこの記事で私の主張を詳述してみました。

ご理解いただいたところで何も変わらないかもしれませんが、これが私にできる精一杯です。

[追記]CPオタ!クズ!ではなくストレートにCPバカと言われてました。そこまで軽蔑してるものから派生している用語を無理して使う意味が本気でわかりません…

Tags :

10月 18, 2010

誤解と六回

Posted by : reader
Filed under : 未分類

某ブログで名無し戯言さんが、ナナチャで女性作者を口説いていたことがあたかも事実であるかのように書かれていて、私にはまったくそんな記憶がなくて不思議に思っていたのですが、ようやく誤解の元がわかりました。それ戯言さん違う。MUさんや。誤解していた人は早めに脳内の記憶を修正しておいてください。事実無根なので。MUさんは本気で気持ち悪かったので弁解の余地はないと思います。

wikiに関してですが、議論板に移動した段階で、現在話し合い中なので、と凍結願いを出しておくべきでした。

凍結された今こそ議論板で落ち着いてきちんとしたルールについて話し合うべきなのでしょうが、「近寄りがたくて落ち着いて話の出来ない表現力が拙く迷惑なCPバカ」である私にその資格はないと思うので、あとは皆さんで頑張ってください。最低限、手順を踏むより編集先というのが罷り通っている現状だけはどうにかしたほうがいいと思います。

Tags :

10月 16, 2010

例のあの場所

Posted by : reader
Filed under : 未分類

ここ数日、wikiの編集されてる方の削除方針について怒り心頭に達していた。一人で9割編集されているということですが、おそらくその方の編集したであろう私の作品に関するCP分類のほぼ8割が間違っていました。定義違いかもしれませんが、○○×△△の項目はCP小説以外の何物でもなく、例えばAが付き合ってる彼氏と一緒にBに紹介したい男を連れてきてWデートな話のどこがCPに分類されるのか問いたいです。出番はAとBしかありませんが、そんなのをCP小説として読まされる方の身になって考えてください。またCが主役でDについて語るだけのモノローグがE小説に分類されてました。確かにDの名前しか出てこず、Cは名乗ってません。しかし扱っている事件はC最大のスキャンダルでファンであれば誰でも分かるようなものです。なぜEに分類されるのか分かりません。分からないなら、何にもしなければいいのに。

自作しか気付きませんし他人の作品の分類まで口出しする気はありませんが、それならキャラクタ小説の世界のように、編者が責任もって分類してお勧め作品を列挙してあるほうが全然いいです。辞書的な分類なら、定義には正確であるべきで、その定義そのものが他人に通用しないものじゃいかにも意味がないと思います。しかしこれは別にあきれる箇所であって、怒るようなことではありません。

怒るようなことは、それは、例のあの場所呼ばわりされてる、名無しチャットのことです。何度となく企画の打ち上げチャットが開催されている名無しチャットが、あろうことかURLが削除され、それにまつわるさまざまなエピソードが削除されるだけならまだしも(まだしも!)、文章に手が加えられ、全文を通して読まないと意味がない記述が半分だけ改竄されて、まったく意味が通らない文章になるという荒らしまがいのことをされてるのです。おそらく編集した方は元になる出来事を知らないので、文章を要約しただけのつもりなのでしょうが、そんなことをするぐらいなら全文削除したほうがまだましです。知らないことに手を加えたがる意味がまったくわかりません。

私の項目も酷い記述が沢山あって、しかし自重して直しませんでしたが、ごっそり削除されてました。正直言えば有難うございます。でも、なんで私本人が消さなかったそのことを貴方が消すのかと言いたいです。有難うございます。

なんというか悪気はないんだろうなーってわかるだけに性質が悪いというか、どうしたらいいのだろうと思い、問題提起しましたが本人にはまったく伝わってないような気がします。私も例のあの場所に分類されるんでしょうからね。

Tags :

カテゴリー

リンク

  • m-seek
  • trash-can