蚕蚤

回顧のみ!
10月 20, 2010

男×娘。

Posted by : reader
Filed under : 未分類

 睡眠不足です。なぜかってバカだからです。

 いろいろ昔の飼育のログとか読み返してました。その昔、やたら企画が盛んに行われていた時期がありました。2004年から数えてプラスマイナス1~2年かな。企画楽しいよね。だって、一定期間に多いときには50作品ぐらい投稿されて、感想書いて(1~2週間で50作品全部読むのでだいたい酷い感想が多い…)投票して結果発表されて、ってそりゃ燃えるわけです。

 で、企画のテーマ案がこじれにこじれてやりたい人と絶対やりたくない人で罵倒合戦になったことがありました。で、私がそれに加わっていたと言われたんですが、私自身は非常に紳士的に振舞った記憶しかありません。心外です。
 で、ログを読み返したんですけどやっぱり非常に紳士的でした。罵倒されようがなにをしようが実に紳士的に仕切ってました。名前欄がふざけた顔文字でさえなければ…………………。……………。
 当時わたしは別の企画に参加したかったので、テーマ決定投票時にこじれた後のやりとりには参加してませんでした。そして罵倒合戦になるのを見て、こう考えました。バカだなぁ、なぜ相手の罵倒に素直に罵倒で返してしまうんだろう。相手が罵倒しはじめたら死ぬほど紳士的に振舞えば誰がどう見たって悪いのは相手じゃないか、と。紳士的に振舞えば相手も恥ずかしくなって態度を合わせるに違いないだろう、とも考えました。そして、よせばいいのにしゃしゃり出て仕切りました。ふざけた顔文字で。
 開催の方向性で落としどころを想定した上でそうなるように仕切ったので、狙い通り罵倒も止み、なんとかまとまったかな?と思ったら、ものすごい勢いで怒られました。普段は我関せずと滅多に顔を見せない顎さんに。これに関してはとても心外に感じたので反論しました。割とプルプル震えていましたが文章からは伝わってこないと思います。読めばわかりますがその反論に他の飼育ユーザーの方からキツい言葉で何様だというお叱りも頂きました。しかしその結果、結果、企画開催OKと相成ったのでした。
http://m-seek.net/kako/imp/978450731.html  90から(その上に、記憶には残ってたんだけど探しきれてなかった第1回短編バトルの電信柱の作者さんの自作解説が…!)
 今でも顎さんのフェアさ、というかこの措置というか譲歩には感謝しています。

 その企画のテーマは【男×娘。】

 そこまでして書きたかったのかといわれると俯かざるを得ません……(でも参加作品のリテイクで娘。ジャンルで絶対に書きたかったテーマに近いものが書けたので結果は振るわなかったけど満足しています)。集まった作品は、数は短編バトルには及ばないものの、開催した甲斐があった!と思うものも少なくなかったので、開催できて良かったと思います。開催前あんなに揉めたのが嘘みたいにつつがなく終了できて、第2回は問題なく開催できていたのも嬉しかったです。

 ひとつだけナナチャとの関わりが思い出せないんですが、開催派が多かったはずなので、もしかしたらなにか反省すべきことがあったのかもしれませんが、思い出せないのが不安です…。

[追記]スレッド移動する前の書き込みを読み直してみたら、すごくふざけてた……。自分に失望です。それと罵倒合戦というほどでもなかった。ただただ平行線なだけだった。
http://m-seek.net/kako/imp/1047055288.html 160ぐらいから。
[更に追記]ちょっと前後を遡って熟読してみた。自分の記憶どんだけ…。特になにをするでもなく本当に引っ掻き回しただけで終わっててびっくりです。このあときちんと企画を立てて開催してくれた方々には有難うの言葉しかありません。参加できてよかった。

Tags :

No Comments

(required)
(will not be published) (required)
(opitional)

カテゴリー

リンク

  • m-seek
  • trash-can