Archive for the ‘青春’ Category

エンドレスサマーストーリー

土曜日, 7月 13th, 2013

やすみよが互いの結婚で終止符が打たれて間もないのに、飼育ではれなまりんという新しい勢力が誕生したようです。れなまりん書いておけばあおてんさんが感想書いてくれるので私も乗るしかないこのビッグウェーブにをしてみようかと思います。

れなまりん
http://m-seek.net/test/read.cgi/water/1282903695/21-33

しかしうんこさんは私の先を行っていました。さすがは私の心の師匠です。しかもこのスレは純CPスレという忘れかけた設定もありました。それを踏まえてさっそく読んでいきましょう。

東京に来て早2か月。バンドをやりたいと思っていたのだが
バンドメンバーどころか友達すら出来ないという酷いありさまだった。

安定のはぶられいなですね。
例の解雇されちゃった芸人コンビと1年ほどラジオをやっても大して関係性を構築できなかったコミュ障気味なれいなさんですが、ラベンダーでは今のところうまくやっているようです。意外すぎてびっくりですね。

れいなはペットボトルをコンビニ前のゴミ箱に捨てようとしたが
潰し方が悪かったのかペットボトルより少し大きいだけの
穴に上手く入らない。ひとりで穴に上手に入れる事が出来ない!

最後の一行がとてもうんこさんらしいです。
こっちの穴に入るけん、とれいなはパンツを脱ぎ…という展開にならないのは残念ですが、ここはCPスレ。そんなおげれつな表現はいらないのです。

エスパーの事は大体知っている。男の子が女の子を見て
どうせ私にクンニリングしたいんだろうなとか
いやらしい事を考えているのがわかるのだ。

すいません前言撤回ですw
ハロメンが誰もブログで触れないことで有名な真野ちゃんの代表作からの引用ですが、オナニーからステップアップしてクンニリングになっているのがさすがうんこさんと言ったところでしょうか。

本当に茉凛といやらしい事をしてしまったのか?
れいなは確かめるために股間にそっと触れた。
ここを、あの美人ギタリストが上京物語したばかりの
れいなのここを、眠れない夜にたどりついたらいつも雨降りしたのだ。
そう思うとれいな自身も思わず指でタッピングしたり
アルペジオしてしまったりしていた。そして恥じた。

この部分があまりにも素晴らしいので、自スレでぬっちリスペクトしてしまいました。
反省しています。リゾスレでまたのきかいという挨拶を流行らせてしまったことを含めて。でもまたやるんですけど。

未完!
先生の次回作をお楽しみに!

いつものうんこさんですね。
戦場を駆けるミキティ、花音血ゃん、聖の青春。また一つ、うんこさんの未完伝説の1ページが書き加えられたのでした。いつまでもお待ちしております。

機嫌無敵なデイズ

水曜日, 3月 13th, 2013

ほまんまんが恒例の語ってみようシリーズをスタートさせました。これでしばらくは私のクソブログがいつ見ても先頭というさらし首状態は避けられるわけです。

うんこさんが新スレ、というより乗っ取りスレをスタートさせたみたいなので、さっそくいつものように感想を書いていこうかと思います。

みやもも
http://m-seek.net/test/read.cgi/water/1282903695/14-20

そういえばこのスレ、うんこさんがCPを書く練習を兼ねてるそうです。うんこさんと言えばちんちんがピコーンする小説、略してCP小説しか書けないなどと世間では揶揄されていますがそんなことはありません。というわけでカプ小説界の超新星うんこさんの作品を見ていきましょう。

ベリーズ工房の嗣永桃子とテレビで見る『ももち』は別物なのだ。
普段ももの事を見てても何にも思わないけれど
不思議な事にテレビのももちを見てるとなんだかドキドキしてくるのだ。

主人公はうんこさん作品において安定のみやびちゃんです。
うんこさんらしからぬ出だしですね。いや、これが本当のうんこさんなんです。
スカトリストはロマンチスト、と昔から言うじゃないですか。そうです、男はゴールドラッシュの頃から常に黄金を追い求める生き物なんです。

もしかしたらももの事が好きかも知れない。
女の子なのに女の子の事が好きなのかも知れない。
そんな自分の気持ちをわかってくれそうな人は
保田さんしか思い浮かばなかった。

やっぱりレズと言えばヤススなんですねw
しかし保田さんが登場となるとどうしても股間に大根挿入という場面しか想像できません。
いつものうんこさんだったらみやびちゃんの顎をヤススのケメコにジョイントイン!という展開があるかもしれませんが、そこは世界一のカップリング作者を目指しているうんこさん、きっと甘々な話になるはずです。

「これはね。最近はまってる書道の道具一式」
話ながら保田さんは大きな筆を私の前に指しだした。
ドキンっ。私の胸が高鳴った。

そこで私はやっと気づいた。私はももちが好きなのではなく
あのももち結びの黒くて太くて大きい髪の束に興奮していたのだ。

結局黒くて太くて大きいものには勝てないんかい!などと、レズビデオなのに最後は男優も出てきて3pという展開に抗議するガチレズの人みたいな感想になってしまいました。やっぱいつものうんこさんじゃん、と言う感じもしますが、いつもなら書道の筆をヤススの大明神に挿入し書初めを行うところを敢えてそうしないところに、うんこさんの本気度を感じました。やっぱCP小説っていいですよね!!