Archive for the ‘梨華ちゃんは黄金郷’ Category

「1.5のリード」

火曜日, 6月 7th, 2011

巷ではAKBさんの「もしドラ」なるものが大人気を博しているようですが、まさか6年前にハロプロ版もしドラが書かれていたとは夢にも思いませんでした。ほまんまんなら「2005年の時点でもしドラが書けるなんて凄い」とコメントするかもしれません。

頑張ってください!
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/532-639

野球部のマネージャーのガキさんと、万年補欠の山崎。果たして二人の恋の行方は・・・みたいなうんこさんらしくない青春ものみたいです。ああ、別にもしドラみたいに甲子園に行ったりはしないみたいですよ。

聞かなくても俺は理由を知っている。
新垣には好きな人がいる。
うちの部のキャプテンが好きなのだ。

エースで四番。しかも男の俺が言うのもなんだけどカッコイイ。
はっきり言ってこんな田舎の駄目チームに埋もれさせるには惜しい人材だ。
それに引き換え、俺は3年生になるのに補欠でベンチを暖めている。
きっと新垣は補欠メンバーの俺になんて興味もないだろう。

何ていうんですかこの青臭さは。いつもはイカ臭さたっぷりのうんこさんの話が、今日はやけに輝いて見えます。ぶりんこうんこですね。それはともかく、ここから二人の恋模様が・・・と期待してしまいます。

「なあ新垣・・・・ちょっとキャッチボールしたいから付き合ってくれよ」
「え?した事ないですよ」
新垣はした事ないのか。はあはあ。

あれ?

新垣は草むらの中で屈みこみボールを必死で探している。
必死になり過ぎてスカートから下着が見えている。水色だった。
おかげで俺のバットが大変な事になってしまった。

やっぱりいつものうんこさん節でした。妙に安心してしまうのはうんこさんの作風に毒されてるからかもしれません。

新垣の後姿を見ながら俺は嫌悪感で吐き気がしていた。
部に伝わる悪しき伝統。

野球部のマネージャーは部のエースのために身体を捧げる。

そんなルールは関係ない。新垣には関係ないんだ。
そんな事俺が許さない。

と思いきやまたシリアスな展開に。どうでもいいんですが股尻アスな展開と自動変換されたのでびっくりしました。

俺は何度も何度も新垣に思いを打ち付ける。
新垣の衣服が乱れまくっている。
もう新垣は抵抗しなかった。
新垣の声にならない声とパンパンと打ち付ける激しい音が校舎に響く。
(中略)
俺の白いものが意思とは裏腹に新垣の顔面に飛ぶ。
「いやあああ」
新垣のデコに俺の投げたボールがぶつかった。
凄い音がした。新垣は倒れた。

うんこさんお得意の騙しエロですね。

とにかく後藤が許せない。新垣の身体に触れるなんて・・・・。
「視聴覚室だったな・・・・」
「先輩??」

俺は側にあったバットを握って立ち上がった。
「後藤と話をしてくる」

ついに山崎と恋敵のエース後藤が直接対決!いよいよ物語はクライマックスへ向かいます。

「新垣・・・・・俺も好きな人がいるんだ。それは・・・・・」
「先輩。嬉しい」
「あ、じゃなくて。俺、新垣も嫌いじゃないけど、後藤が好きなんだよ」
私はコケた。頭から。おデコが痛い。鏡を見る。赤く腫れていた。

「後藤・・・・好きだ!」
山崎先輩が後藤先輩の胸に飛び込んだ。
後藤先輩は受け止めて強く強く抱きしめた。

まさかのアッー!ですか。「小包」で主人公とその叔父がさかっちゃった場面と同じくらいの衝撃です。話としては完全に破綻してるんですけど、まあいっかうんこさんだしみたいな気持ちにさせてくれるのはいいことだと思います。

山崎先輩はバットを後藤先輩に突きつけていた。
しかも全裸で。
後藤先輩もバットを突きつけている。
むろん全裸で。
違う。バットじゃない。ちんちんだ。

「ふっ。山崎、どうやら練習が足りないな」
「だって俺今日が初めてだぜ・・・・・実はお前が初めての人だ」

俺がそう言うと後藤は笑った。
「そうか初登板か。実は俺もなんだ」
「へっ。そのくせ俺を完封かよ。さすがエースだな」
「おいおい。2発も被弾したよ。凄かったぜ」

後藤は嬉しそうに顔の体液をぬぐった。

甲子園には行かなかったみたいですけど2発もいったみたいでめでたしめでたしですね。

「一緒にトイレに行くのは女の子の友情の証やよー
女は女同士仲良くするがし。里沙ちゃんも宝塚を見せるんやよー
あっしの宝塚はピンク色がし」

「雨やと中止になる野球と違ってあっしは濡れてからが勝負やよー」

最後はいい具合に壊れてきました。イッツアうんこさんワールドですね。この世界観をものにするのはまだまだ修行が足りないみたいです。

サブリーダー

月曜日, 5月 23rd, 2011

ついに矢口さんが結婚してしまいました。飼育きっての矢口ヲタで有名だったMUさんはこのニュースをどんな気持ちで聞いているんでしょうか。

落ち葉の季節
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/666-673

ハンアンにリーダーとかサブリーダーとかいるのかどうかは知りませんし興味も無いんですが、とにかくいしよし作品です。うんこさんが意外にもと言っては失礼ですが、いしよしを得意としていることがよくわかる内容になってますね。

「ごめんね。私ってば確かに今日はちょっと変みたい」
「気にしないで。それにしてもなんで葉っぱって落ちるんだろうね?
掃除するの面倒だしさ。紅葉はきれいで好きだけど」
よっすぃの素朴な疑問に思わず笑ってしまった。

まさかこれがあの伏線になるとは。うんこさん恐るべしなんですが、真相は後ほど。

「大丈夫。梨華ちゃんは今だってキレイでかわいいよ。
まるでこの色づいた落ち葉みたい」
よっすぃがうるうるとした瞳で私を見つめる。

まるで甘々量産いしよし作者が書きそうな台詞ですが、れっきとしたうんこさんの書いた文章です。スカトロリストは同時にロマンチストでなければならないことを痛感します。

「梨華ちゃんってほんっと泣き虫。
もしかしてこっちも泣きまくりでぐちゅぐちゅでしょ?」

よっすぃの手が私のスカートの中に入ってくる。
慣れた手つきで私の下着を脱がせる。

「ちょ、ちょっとよっすぃ待って・・・・あっ」
私は驚きのあまりうんこを漏らしてしまった。

なんでやねん!という突っ込みはさておき、この程度で括約筋が前回になってしまう梨華ちゃんは相当ゆるい肛門ということになりますね。老後が心配です。

私はその隙に素早くよっすぃから離れて
茂みの方に入って行きしゃがみ込んだ。
よっすぃが下着を脱がせてくれたおかげでしゃがむと同時にうんこを出せた。

なんという早業でしょう。もしかして例の有名なロケで半ケツだったのはこのような不測の事態に備えてのことだったんでしょうか。謎がひとつ解けて金田一少年かコナン君になったような気分です。

「ねえ、どうしたの梨華ちゃん?」
「よっすぃ。・・・・なんで葉が落ちるかわかったよ。
こういう時助かるね」

私は落ちていたケヤキの枯葉でお尻を拭いた。
あっさりと破れて手にうんこが付いた。

何で葉っぱが落ちるのか。それはうんこした時にケツを拭くため。簡潔で分かりやすいです。しかし枯葉で拭いてはいけませんよね。丈夫な青葉で拭きましょう。うんこさんは飼育のネイチャージモンだなあ。

飛行機雲

月曜日, 4月 25th, 2011

みなさんご存知かどうかは知りませんが、当ブログのエントリのタイトルは全て過去の企画投稿作から引用してます。ただ通算150回も更新してると、もしかしたら昔つけた名前をもう一度使ってしまうんじゃないかとか、そういう心配があるわけです。というわけで過去のタイトルをあらかた浚ってみたんですが、今のところは被りはなさそうです。さすが飼育が誇る企画、まだまだネタは尽きなさそうです。

スカした吸血鬼だぜ!
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/328-430

スカトロとスカしたをかけてるんですね。ついでに音楽のスカもかけてるみたいですが、話にはあんまり関係ないようです。
にしてもうんこさんにしてはけっこう長いです。いやうんこでなければちんちんでもないんですが。ただ長さに見合うだけの感動とスカトロいっぱいの内容になっています。

ニンニクもだ。今時の吸血鬼にはニンニクなんて効かない。
もっと臭くないと駄目なのだ。

だから俺は全身にうんこを塗りたくっている。
残念ながら吸血鬼から身を守る術はこれしかないのだ。

思わずずっこけてしまいました。うんこを塗りたくった状態で仕事させてくれるなんて何て寛大な職場なんでしょうか。普通ならうんこを拭き残しただけでも職場の仲間から村八分だというこのご時勢にですよ。

「塗ってない所なら問題ないの・・・」
さゆは俺の耳に噛み付いた。

しまった。うっかり耳にうんこを塗り忘れていた。

こんなところでまさか耳なし芳一のパロディを見ることになろうとは。琵琶法師も草葉の陰で泣いてることでしょう。うれし涙かもしれませんね。あの時代はうんこ垂れ流しは日常だったみたいですから。

「タクシー乗り場はどっちに行けばよかと?」
さゆじゃなかった。田舎から来たっぽい訛りの女の子だ。
なんだか気が抜けてしまった。

台詞からもわかるように、れいなの登場です。しかし2004年時点のれいなはまだ小汚いとか目つきがおかしいとかおまんまんが黒そうとかそういう扱いにはなってないみたいです。いいんだか悪いんだかはわかりませんけどね。

なるほど俺の全身はうんこさんに塗れていて噛める場所は無かった。
吸血鬼であろうがなかろうが嫌だろう。

しかし俺の身体で唯一うんこさんの付いていない個所があった。
俺は立ち上がってトランクスを脱いだ。
トランクスは渇いている箇所が無いくらい赤く染まっていた。

だからと言って俺は諦めない。

俺は頑張ってちんちんの皮を剥いた。痛かったがさゆの為だ。
・・・・・良かった。そこはまだ汚れなきままだった。

包茎手術のお世話になりそうなちんちんですね。しかも痛いということはカントン包茎の可能性すらあります。主人公はさゆを人間に治すまえに自分の包茎を治したほうがいいと思いました。イエス、高須クリニック!

サンセット・イニシエーション

火曜日, 1月 18th, 2011

某チャットからの情報ですが、飼育においてキッズ加入後オールキャストを書いた人はいないそうです。ほまんまんさんのサディ・ストナッチは娘。メン限定でしたしね。私がBASTARD!並みの不定期更新でこっそり書いてるスレはいずれはオールキャストにしたいと思ってるんですが、いかんせんやる気が…

なっち愛の診察室
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/463-470

というわけで今日もうんこさんのすばらしいお話を読むことにしましょう。
安倍さんが女医ってうんこさんの別スレで読んだ記憶があるんですが、この頃ってナースマンとかやってたんでしたっけ。茄子におまんまんとか卑猥ですね。そんなことはさておき。

はあはあなっち先生に浣腸されるんだ。誰が?僕が。

うんこさんが好んでよく使うフレーズですね。この自ボケ自突っ込みみたいのはどっかで使いたいと思っています。誰が?私が。

目の前には胸に後藤と書かれたナース。なかなかかわいい。
でもなっち先生と比べたらおっぱいが少ない。

いまや高須先生のマジックハンドによって、ハロプロにはいないレベルの巨乳になってしまったごっちんですが、元気にしてるんでしょうか。ショマキとか遠い昔の出来事のように思えます。

「浣腸が無い時代我々は便秘の際どうしていたのでしょうか?」
「し・・・知らないべ・・・・」
「これは僕の想像ですがきっと肛門に指を突っ込んで
硬化したうんこさんを攪拌し軟化させたに違いありません。
時にはツバなどを潤滑油としたかも知れません。

実際どうしてたんでしょうね。今も昔も指がチョコポッキーになるのは嫌だと思うので、木の枝とか鍾乳石とかを突っ込んでたんじゃないでしょうか。アナルバイブはこうして発明されたのでした。うんこさんの話を読むと自然に知恵がつくし一石二鳥ですよね。

姉妹まつり

土曜日, 1月 15th, 2011

昔は毎日のように更新していたのに、最近はあんまり更新しなくなってしまいました。まあ、冬ですからね。

しまいの部屋
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/190-323

うんこさんにしては珍しく中篇くらいの長さです。うんこさんは短いのも長いのもできるんですね。時には硬く、そして太く。何のことやら意味不明ですね。ちなみに、

狼の『全裸の娘。全員と8畳間で射精なしで一週間性活』
ってアホなスレをヒントにして作りました。

だそうです。どんなスレだか非常に興味を引いたので検索してみましたらありました。ちなみにパート3までスレ立てされたみたいです。当時の狼って本当に勢いがあったんだなあ、としみじみしてしまいました。

目を覚ますと知らない小部屋に居た。
そして俺は全裸だった。
それだけなら大した事ではないけれど
隣で姉のなつみと妹の美貴が寝ていた。
もちろん全裸だった。

ここから読み取れるのは、俺こと主人公さんが、なっちとミキティと姉弟・兄妹であるということですかね。全裸であることはさほど問題ではありません。

姉ちゃんは土下座していた。
「ごめん」と何度も詫びながら頭を畳に擦り付ける。
おしりの間から姉ちゃんのなっちが見えそうだ。

おまんまんの隠語に女性自身という単語がありますが、それをこんな風に活用するとは。当時私がこれを目にした時、曇天から光の挿すような思いでした。というわけで素敵だなと思ってぬっちしました。安倍さんのなっちをぬっちしたわけです。

鉄で出来た重そうなドア。窓もない。何もない。
あるのは便所として用意されたアヒルのおまる。
それとトイレットペーパーくらいだった。

来ましたね。うんこさんファンならばこの後起こることは容易に想像できるはずです。実際皆さんの想像と寸分違わずな話なので、以降は敢えて感想は書きません。長くなりますしね。ただ、これは、と思った表現がありましたので、ピックアップしたいと思います。

止まらない。誰にもあの子を止められない。
金色のおしっこは姉ちゃんの手の間から
砂金のようにさらさらと溢れ出す。

砂金。たかがおしっこをここまで美しく表現した人は飼育ではうんこさんしかいないと思います。いやおしっこ自体書く人がいないせいかもしれませんけど。まさにゴールドラッシュ、新しい時代の幕開けだなあと思いました。何のこっちゃ。

『犬と猫』

金曜日, 11月 19th, 2010

1日あたり50通近くのスパムメールが来るので誰か長い私を止めて下さい。ちょうだいあの長いビルをでもいいです。

パジャマでお邪魔
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/478-518

うんこさんを代表する一作と言ってもいいのではないでしょうか。理由は後述しますけど。とにかくすごい。そしてすごいスカトロです。雅ちゃんと桃子の繰り広げる心理戦はスカトロ版カイジと表現しても過言ではないかと思います。

寝る前に牛乳を飲むと気持ちが落ち着くよく眠れると言うし
恐らく眠れない雅を見て桃子なりに気遣ったのだろう。
「ありがとう桃子ちゃん」
まだ早朝じゃないからどこかの家から盗んだわけではない。
そう信じて雅は飲んだ。美味しかった。

だがその数十秒後だった。お腹で雷様がごろごろと音を立てた。
まるで臓器移植した直後のような違和感が雅のお腹を襲った。

臓器移植したことないんでよくわからないんですが、凄い下痢というのは理解できます。それにしてもたかがパジャマのために平気な顔して下剤を盛る桃子、さすがですね。

もしかしてこれが恋なの?
雅は自分の中に芽生えた気持ちに戸惑った。
ずっと桃子ちゃんをライバルだと思ってた。
でもそれ以上に桃子ちゃんの事が・・・・・。
「桃子ちゃん・・・・私、桃子ちゃんの事が好き・・・・」
雅は自分の気持ちをうんこと同様に抑えられなかった。

便意と好意は似てるんですね。私もこれで学びました。今度意中の人にうんこしながら告白しようかと思います。懸垂しながら告白する以上にセンセーショナルな告白方法だと思います。

「・・・・・助かったあ・・・・」
雅は放心状態でほっとため息をついた。臭かった。
「助かっちゃった?じゃあ雅ちゃんとどめだよ」
「え?桃子ちゃん。ちょ・・・・」
桃子は雅の顔にまたがった。そして勢いよく放出した。
それは雅の比ではなかった。

「いやああああ!」
雅は全てを顔で受け止めて絶叫しながら果てた。

凄まじいです。心なしか画面も茶色く香ってきそうな感じです。生きることが戦うことならば、うんこをすることもきっと戦うことなんですね。うんこ戦士よ永遠なれ。意味わかんないですね。

カラフルライフ

水曜日, 11月 17th, 2010

最近はうんこさんの話しか読んでないので、基準がすっかりうんこさんになってしまいました。なので企画をやっても「なぜここでおまんまんをさらけ出さないんだ!」「ここはうんこを漏らすところだろうが!」などという理不尽な感想しか書けないかもしれません。

こころのたまご
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/740-749

今や汚れアイドルとしてすっかり有名な有原さんが登場するお話です。そう言えば愛栞なんてジャンルもありました。栞菜はガチレズなんて言われていたのが遠い昔のようです。

身悶えるとはこういう状態を指すのだろうか?
下着を乱し芋虫のように床に這いつくばって
舞美ちゃんの衣装に顔をすり寄せて栞菜は気色悪く笑っていた。

たかが鼻くそをほじるのに下着まで乱すって、どういうやり方をすればそうなるんでしょうか。セクシーじゃんけんならぬセクシー鼻くそほじりってことでしょうか。字面からして全然セクシーじゃないですね。

私の中で何かが生まれた。硬い殻が割れて何かが飛び出してきた。

確かしゅごキャラ!にもそういう場面があったようなないような。しかし生まれるとか飛び出るとか、たまごってなんだかいやらしいですね。たまご企画がもし本当に実現していたら、きっとうんこさんの独壇場になっていたんじゃないでしょうか。

落日の機械

土曜日, 10月 30th, 2010

そろそろ寝ようかと思ってたんですが、とんでもない話を見てしまい思わず更新してしまいました。

トイレにいっといれ
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/434-453

まさか梨華ちゃんがミスター長嶋茂雄と共演しているとは夢にも思いませんでした。しかも放尿&脱糞鑑賞プレーです。こんなプレーは長嶋さんの現役時にも見られなかったんじゃないでしょうか。国民栄誉賞受賞者と国民的アイドル(当時)の夢の共演、そして2人を繋ぐのは糞尿…最低の話ですね。もちろん誉め言葉ですが。

「石川さん、うんこをしない人間はいません・・・・。
アイドルだってうんこはします。そうでしょう?」

涙が溢れ出た。
思えばここ数年、私は馬車馬のように事務所にこき使われた。
ファンも私はうんこをしないと決め付けていた。

長嶋さんだけだ。私を人間扱いしてくれたのは・・・・・。

読んだ私も涙が溢れました。
さすがミスター、言うことが違います。ファンが梨華ちゃんをうんこしないと決め付けていたかどうかは別として、素晴らしいと思います。

こんな衝撃的な話が何故今まで話題にならなかったんでしょう。とにかく、一茂に訴えられないことを切に願います。

そんなにさ、しゃべんなくたって、伝わることもあんだろ? 

土曜日, 6月 26th, 2010

サッカーの岡田さんはリベンジを果たしましたが、元美勇伝の岡田さんはとうとうリベンジの機会のないまま芸能界を去っていきました。私も岡田さんはちょくちょく話のネタにしていたのですが、ふと思い返して大した使い方をしていなかったことに気づきました。ありがとう、そしてさようなら岡π。

戦場のミキティ
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/753-764

出だしが秀逸です。

戦場はいつものように爆弾が爆発していた。
おまけにヘリコプターの羽根がくるくる廻っていた。
さらに言えば手榴弾が飛び交い、そこら中に土嚢が積まれていた。
誰がどう見てもそこは戦場だった。

恐ろしく適当なんですが、誰もが戦場を舞台にしてることが理解できます。いつかパクりたいと思いました。
さてこのお話には二つの山があります。あいのの登場シーンと矢口の登場シーンです。特に矢口の書き方が私怨でもあるんじゃないかと思うくらいにひどい。私のようなさほど矢口に思い入れのない、むしろ矢口氏ねとか思ってる人には笑いのネタになりますが、ヲタの人はそれこそ抗議のレスをつけたくなるレベルなんじゃないでしょうか。そういう類のレスが0なことを考えると、飼育には矢口ヲタなんて人種はいないということになります。

矢口は日ごろ舌先三寸で生きているので舌先の事には敏感だ。

うんこさんの武器である言葉遊びが炸裂しています。ほんと、こういうのって天性のものなんですよね。

seek内小説感想スレ(ネタバレあり) Part2

土曜日, 6月 26th, 2010

曲がりなりにもお話を提供している側としては、感想を書いてくださるという行為は非常にありがたいものです。でも感想をえさにチャットで女性作者とばかり仲良くしたりするような人間はどうかなあと思います。私が今でも放置、否続けているスレの初期にある作者さんがよくレスしてくれたんですが、その自称感想書きが手を出す出没するようになってからめっきりレスをくれなくなってしまいました。はい、ただの八つ当たりですね。

梨華ちゃんは黄金郷
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/

うんこさんが飼育に降り立ち、そして衝撃を与えた記念すべきスレです。
確か早速某チャットで話題騒然になった記憶があります。私もその話を聞きつけスレを開いた瞬間、こんな前口上がありました。

狼のネタスレで書いていた話ですけど
それに加筆訂正して飼育っぽくしてみました。
糞みたいな話ですけど読んで貰えたら幸いです。

ちょwwwどこが飼育wwwwwwwwww
今のうんこさんからも分かるように、飼育っぽさの欠片もなかった上に、読む話はうんこ、うんこ、おまんまん、うんこ。しかも初っ端から男×娘。です。はっきり言ってあいぼんが麻原似のおっさんと裸組体操をしていた事実よりもショックでした。そしてこんな話を書ける人は一体どんな人なんだろうと興味をそそられたのでした。

そして程なくその機会は訪れます。私の記憶が正しければ私とうんこさんがはじめて会話を交わしたのはノベルモニチャットだったはずです。そこであらん限りの言葉で黄金郷を絶賛していれば、タッグを組んでデスノート級の社会現象を起こすことも可能だったはずです。どちらかと言えばうんこさんが小畑で私がガモウでしょうが。しかし当時の私はとてもシャイニング娘だったので、あんまり話せなかったような気もします。

そんな私の人生を変えたと言っても言いすぎではないスレですが、かれこれ2年近く更新がありません。「戦場を駆けるミキティ」の続きお待ちしております。