Archive for the ‘うんこさん企画投稿作’ Category

ちょっと迷惑なプレゼント

水曜日, 1月 25th, 2012

ほまんまんこと誉ヲタさんが「あの頃歌った数え唄」を完結させたみたいです。
内容はもちろん面白く読ませていただいたんですが、それよりも完結後のレスの多さ。長年レスなし作者をやっておりますが、羨ましすぎて一周回って諦めの気持ちさえ抱いてます。そりゃつんく×義剛なんて書いてたらレスもつかねーよ、ってのはなしの方向で。

名探偵吉澤の事件簿
http://m-seek.net/test/read.cgi/event/1325339083/

うんこさんのこの前の企画のもうひとつのやつですね。
うんこさんを見習って次の企画には私も前後編の話を書こうと心に決めました。

年に一度のクリスマスを楽しむ家族や恋人たちで
溢れ返っていたファッションセンターから笑顔が消えてしまった。
ひとりの女の死をきっかけに。
死んだのは光井愛佳。しまむらの更衣室で遺体となって発見された。

全身の骨をバッキバキに折っても生きてそうな光井さんがまさかあの一撃で死んだなんて、信じられません。よっぽどやすすが強く殴ったんでしょうかね。

「光井は現在、足の骨折により休業して自宅休養中だったようです。
死因はまだはっきりしていませんが外傷は特にありません」
「外傷がない?顔面がひどい事になっているじゃないか」
「それは事件前からだそうです」

ヒドスwwwwwwwwwwwww
確かにヤワラちゃんやミヤコ蝶々に似た顔とは思いますが。ヤワラマニアや蝶々マニアにはたまらないのではないでしょうか。世界は広いですからね。

「うむむ。アテントじゃないのか」
光井を見てアテントではないかと思ったのも無理はなかった。
というのも光井は股間をむき出しにして糞尿を漏らしていたからだ。
これだけ離れているというのに匂いがしてくる。

凄い状況です。
こんな格好で死ぬくらいなら、顔面ストッキングで写真集を出した方がまだマシだと光井さん本人も思うことでしょう。ただ実際にそんな写真集を出したら、またマネージャーのSとぅさんが泣いてしまいますけどね。

それにしても謎なのは光井の股間から伸びる太くて大きなうんこである。
まるで男根のように立派でこれほど見事なものはなかなか見られない。
これは死後、肛門が緩んで漏れたようなものではない。
被害者は死の直前にうんこをしていたのだ。何のために?
ひょっとするとこれはダイイングメッセージというやつなのか?

うんこを男根に喩える人は世界広しと言えどうんこさんくらいしかいないんじゃないでしょうか。かつて「梨華ちゃんは黄金郷」のスレにそんな話があったのを思い出しました。うんこさんはうんこを現代の草食系男子に失われてしまったもの、つまり男の象徴=男根として描く事で警鐘を鳴らしているのではないでしょうか。

「なのにどうして一緒に帰るなり、お店に行くなりしなかったのですか?」
「…そ、それは。ちょっと目を離した隙に…」
「目を離した?まさか顔を変えるために整形ですか?」

三好さんは正確に言えば目頭を開いたんですがまあそれはそれで。
全然関係ないんですけど、三好さんのつぼ八における師匠こと工藤統太郎さんがずいぶん前に事務所の社長を解任されたらしいですね。今頃札幌の公園でホームレスをしてるかもしれません。岸田健作も一時期代々木公園で暮らしてたらしいですし。

「おそらく保田は光井に更衣室に呼ばれて入った。
そこでうんこを漏らす光井を見て男根と間違えてしまった。
忌み嫌う男性と勘違いした保田は思わず被害者を殺してしまった。そうだね?」
「全然違います」
「えー。じゃあどうだったの?」
「みーよと遊びたいのに光井の介護なんて変な仕事を頼まれて
そしたらうんこを漏らしたんでパンツを洗いに行ったら
光井は頭を打って死んでました」

この話の前編を読んでいると明らかにやすすは光井さんを殴ってますが、4人で遊びに行ったのでハッピーエンドなのかもしれません。オチが思いつかなかったから投げっぱなしジャーマンか、とか1ミリも思ってませんよ。

煮えたぎる銀の囁き

火曜日, 1月 10th, 2012

みなさまあけましておめでとうございます。
見てる人もそんなにいない当サイトですが今年もよろしくお願いします。

いつものように更新をおさぼりしている間にゆうかりん卒業とかガキさん春に卒業とか色々あったわけですが、飼育民としては第30回オムニバス短編集「やすみよ」「デート」ついて語らなければならないでしょう。と言っても、いつものようにうんこさんの話しか取り上げませんが。

ニワトリ探索隊
http://m-seek.net/test/read.cgi/event/1324935557/

うんこさんだけでなくれいなを抱きしめていたい作者さんとかメロンパン作者さんとか、似た芸風の人が飼育に増えている昨今ですが、うんこさんマニアの私を舐めてはいけません。すぐにこの話がうんこさんの書いたものだと確信しました。

やすすが今日訪れたのは大人気のファッションセンター。
その名もしまむら。延べ床面積は東京ドームの半分ほどに相当する。
つまりかなり大きいのだ。
今日はここでふたりっきりで過ごす。誰と?なぜか光井と。

保田と光井。狼ならば誰得CPだよと罵られること請け合いな組み合わせですが、幸いにもここは飼育なので何でもOKです。

「あっあかんわ。保田さんちょっとたのんます」
そう言いながらやすすの腕にしがみつく光井。
顔の割に豊満な胸の柔らかな感触がやすすの腕に伝わる。
ああ駄目だ。理性が保てない。襲ってしまいそうだ。

やすすはまるで獣のようです。きっとうんこも獣臭いに違いありません。そんなことを言うと飼育外部スレで「保田さんのうんこがまるで臭いように言いますけど嗅いだことあるんですか!」と怒られてしまうかもしれません。ただうんこが臭いのはきっと万国共通なのでご安心ください。

もう限界だ。やすすは屈みこみ光井の下着に手をかけた。
この下がどうなっているのか楽しみで仕方がない。
もしニワトリのトサカのようだったら悲しい。
出来れば光井の笑った時の目のように細い1本筋であって欲しい。

ニワトリのトサカってことは相当ビラビラなんでしょうね。世の中には羽ばたけるくらいに大きなビラビラをお持ちの方もいるみたいですが。それにしてもやすすと光井の濡れ場とか一体どこの層を狙って書かれてるんでしょう。kらにょうさんなら「大丈夫か?」という発言が出てくることでしょう。

そしてやすすがそこで見たものは美しい1本筋だった。
「すいまへん。おしっこに続いて…うんこも漏らしましてん」
結局やすすは手を出した。暴力的な意味で。
そして下着を奪い逃走した。

この部分を目にした時、この話が優勝しても仕方ないだろうと衝撃を受けました。でも結果はみなさんご存知の通りです。やすみよだったらもう少し票が入ったのかもしれません。ただそうすると光井の笑った時の目のように細い1本筋であって欲しいの部分が、みーよの手術跡の目のようにおまんまんがぱっくり開いちゃいますから。不成立。

モルグの妖精

月曜日, 12月 20th, 2010

企画の投稿が終了しましたね。感想らしい感想があひゃ美さんのしかないのはいささか残念な感じではありますが、参加者が多いのはいいことです。どうせまたお前が異常なまでの複数投稿したんだろう、という突っ込みがあるかもしれませんが、今回は大丈夫です。えりりん卒業特需なんでしょうけど、飼育、もうちょっとだけ続くんじゃ。的な安心があったのもまた事実。元ネタみたいにちょっとだけが何年も続くといいんですけどね。

10分
http://m-seek.net/test/read.cgi/event/1292761604/

まだカミングアウトはないんですが、100%うんこさんの書いた話で間違いないと思うので、感想を書くことにします。日に日にうんこセンサーが鋭くなってゆく自分が怖いです。そのうちたからものにしますとか発言してしまうかもしれません。

今はもう絵里は居ない。そこに座っているのは愛佳、光井愛佳。
ずっとこうして4人で輪になって話してましたやん。
と言う感じで楽しそうに会話してる。
そしてれいなの前には誰もいない。裏切ったのだあいつは。

田中会崩壊の瞬間ですね。とっくの昔に崩壊してたという噂もありますが。こうなったられいなは9期を全員取り込むしかないんですけど、あのケバいロンパリうざいよねーと言われ避けられるのが落ちかと思います。

「10分で終わるのはどーなの」
ガキさんの声だ。見ると真剣な顔だった。真剣勝負だ。

懐かしいネタです。今年のネタなんですが、年をとると最近のことさえ遠い過去の思い出になってしまいがちです。あのガキさんが…眉毛ビームとか言ってたガキさんが…ニィニィー!! と思わず昔のガキさんのあだ名を叫ぶほどのショックでしたね、あれは。

「まず最初にすぐ大きくなるじゃん」
鼻水が出た。ガキさんらしいストレートな言いようだ。
「なにが?なにが大きくなるの?」
さゆはニヤニヤしていた。知ってて聞いているのだ。
「…キノコ」
さすが昭和。れいなのテンションがあがってきた

「で、最初に何を…」
身を乗り出してれいなはガキさんに質問する。
「クリを…なんていうのこう」
アッヒャーと愛ちゃんが奇声を発する。ハッスルハッスル。

「これ何分の動画?」
「ワープありで5分でクリアです」
5分でマリオブラザーズクリアは凄いなあとガキさんは呟いた。
状況がよくわからないれいなは携帯バイブなら3分でクリアっちゃ
と言ってみた。

マリオかよ!と思わず私もガキさんに合わせて昭和突っ込みをしてしまいました。携帯バイブなら3分でクリアとはさすが一人上手のれいなですね。それはともかく、えりりんジュンリン脱退後もこの5人なら何とかなるんじゃないか、そう思わせてくれるいい話でした。て言うかこれが優勝でいいと思います。

歌ロボット

月曜日, 10月 4th, 2010

ロボットにも色々あるんだなと思いました。

ロボットJJ
http://m-seek.net/test/read.cgi/event/1283090668/

うんこさんがほまんまんこと誉ヲタさんを意識して書いたというお話です。
この話が実質優勝だと思うのでどうでもいいんですが、明らかにうんこさんテイスト溢れすぎてどこに誉要素があるのかわかりませんよね。本人も書いてるうちに明らかになりきりじゃないものが完成したと白状してるので、それでいいと思うんですが。

「あ、そうだ」
佐紀はジュンジュンにバナナを貰うとれいなの下着を脱がせて
股間にバナナを入れてみた。

ここなんてまさに誉さんが絶対に書けない部分ですね。
むしろ飼育広しと言えどおまんまんにバナナを挿入する話を書くのはうんこさんしかいない、そう断言できます。ジャンプの煽り風に言うと「おまんまんにバナナを挿入する話が読めるのは、うんこさんのスレだけ!」になります。

そんなことはともかく、非常に面白い話でした。れいなが佐紀ちゃんの子孫なんて設定は常人にはなかなか思いつかないと思います。股間にバナナを入れるとれいなが消えてしまうというトリックに関しても、脱帽せざるを得ません。

ででんでん

日曜日, 10月 3rd, 2010

結局美貴様は「こぉるど けーす」を書いたのか書かなかったのか、はっきりして欲しいとゆいたいです。

どくたぁ はぅす
http://m-seek.net/test/read.cgi/event/1282558579/

うんこさんのなりきりもの第二弾です。
今回は飼育の至宝と名高い美貴様こと坊主さんのなりきりです。タイトルだけで美貴様を連想させるのは、さすがだとしか言いようがないですね。

「ぱくぱく。美味しいです」
「むしゃむしゃ。岡井君もっと食べていいんだよ」
「じゃあもうひとついただきます」
「はははもっと食べなさい。育ちざかりだからね。もぐもぐ」

確か、上海さんに「もぐもぐとかつまんないし!」と酷評された例のお話からの引用だと思うんですが、使い方が素晴らしいですね。密かに私もかつてもぐもぐを素敵だなしたんですが誰にも指摘されることなく終了しました。恥ずかしいのでどれがそうだかは言いませんよ。

話の内容とはあまり関係ないんですが、岡井ちゃんがカルテに男の子だよ!と書いているのが発覚した場面で、例の女の子だよ!Tシャツを着た人を思い出しました。当時はもし本当に身近にそんな人がいたらやだなあ、としか思ってなかったんですが。とりあえず、なむなむ。

魔法の絨毯

土曜日, 10月 2nd, 2010

似た作風の人がたくさんいるということは、すなわち「元祖の人の影響力は大きい」のだと思います。

white lolita love
http://m-seek.net/test/read.cgi/event/1282363406

先日のなりきり企画で、うんこさんが「♀さんのなりきり」として投稿したお話です。ところどころに♀さんの名言をモチーフにしたっぽい語句が見受けられますね。♀さんのなりきりと言うよりは、♀さんの発言を使って面白い話を書いた、という感じに見えます。

写真集をめくりながら卑猥なページを探し水着や胸チラや
パンチラを見ては卑下た笑いを浮かべる私たちがまるで
40歳童貞のキモオタのようで

とか、

少し離れた場所から昔MというグループやWというユニットに在籍した
K・Aに似た容姿の花音が笑みを浮かべて見つめている。

の部分は恐らく「娘。怪談」や「verlorenes Kind 」のあとがきから引用したんだと思います。よりによってそこかよwみたいなところが面白かったです。

まあ純粋にスマ小説としても完成度の高いネタ話になってますし、みなさんも是非このお話を参考にスマ小説を書いてみてはいかがでしょうか。

密室

火曜日, 9月 28th, 2010

思いがけずうんこさんと対談っぽいことをしてしまい、興奮冷めやらずにいます。

バイバイ梨沙子ちゃん
http://m-seek.net/kako/event/messe15/1238317993.html

うんこさんがイラスト企画に出したもう一つの話です。マネージャーのほうがより衝撃的でしたが、こちらもなかなか凝った話になってます。

「菅谷さん。これは…男根なんです」
「はぁ。だんこん…ですか」
深刻な先生の一言の後だったので私の言葉は
軽くまぬけに聞こえた。
先生は島の中央にあるヤシの木を指さした。
「見てください。この天に向かって見事に怒張したイチモツを」
ようやく先生の言わんとしている事が理解できた。
ご丁寧に玉がふたつも付いている。

と、ご覧のようにうんこさんワールド炸裂です。推理ものとうんこさんの「何でもかんでもシモに結びつける」手法というのは恐ろしくマッチするんですが、数々の珍推理の果てに行き着くのがいつもの落ちという黄金パターンは読者を究極の安堵へと導きます。安定していることの強みですね。
余談ですが、この話は企画のテーマである絵の使い方も良いです。本当はこっちがメインなんでしょうけど。

It is not raining.

月曜日, 9月 27th, 2010

うんこさんの企画投稿作も今回とりあげるものを含めあと2作になりました。と思ったら先日のなりきり企画で3作も出していました。もうちょっとだけ続くんじゃ、という亀仙人みたいな気持ちです。

マネージャー
http://m-seek.net/kako/event/messe15/1238332643.html

イラストを元にしてお話を書き起こすという、画期的な企画だったんですが、あまりにも画期的過ぎたので参加者があまりいませんでした。そんな盛り上がりに欠ける企画ではあったんですがさすがは我らがうんこさん、常人には真似のできない発想をしています。

「逃げるな。俺は夢をかなえるために今頑張って交渉している。
だから逃げるな!俺のちんちんをギュっと握って欲しいんだ」
矢島はわかったと言って俺のちんちんを握った。

http://mystery.s1.xrea.com/uploda/data/up0015.jpg

「ちょっと引っ張っていい?」
「いでででででっ!」
さすがマネージャー引っ張るのが好きだなあ。

持っているバットが伸びきったちんちんに見えてしまうなんて、天才過ぎます。そんなに伸びないだろ!といういい突っ込み感想があったのが印象的です。でも舞美の握力なら、可能かも。そう思わせるだけのパワーがこの話にはあると思います。

雨は何も知らない

日曜日, 9月 26th, 2010

季節柄、しとしとと雨が降り続いています。今月いっぱいはオムニバス短編集「雨」の投稿作からタイトルぬっちすればいいやとかそんなことはまったく思ってませんよ、ええ。

金魚すくいと花火大会
http://m-seek.net/kako/event/pacifico14/1213623388.html

タイトルはポッシボーのロビンとごとぅーのやつですが、出てくるのはみやとりしゃこです。そりゃそうです、ポッシボーなんて出されても理解できませんから。それはともかく、最後のこれがやりたかったんだな、と思わせるお話でした。

引き分けになったので対戦相手にインタビューです。

Q あの人と出会った時の事は覚えてますか?
A 覚えてないデース(・ε・)

Q キスしたんですか?
A キスじゃなくて金魚デース(・ε・)

Q 夏ちゅは破れたんですか?
A 相手は破れなかったんで大丈夫デース(・ε・)

Q ののたんですね
A 質問になってないデース(・ε・)

Q ところで相手の何が破れなかったんですか?
A 恋の呪縛デース(・ε・)

Q 詩人ですね。ちなみに私は詩子…
A 知らないデース(・ε・)

Q この辺にしておきましょうか
A 以上デース(・ε・)

ポケモーかなんかでこんな感じの受け答えがあったようなないような。しかしこれを話の締めに選ぶとは、うんこさんも大胆ですね。今度ぬっちしようかと思いました。

あかいはなさいた

土曜日, 9月 25th, 2010

さて今日から通常営業です。ということはまたいつものようにうんこさんの感想を書く日々です。うんこさんが好き過ぎて、うんこ中毒になりそうです。非常に語弊のある表現になってしまいました。

人生がもう
http://m-seek.net/kako/event/big09/1124719724.html

もうみなさんミニにタコだとは思いますが、うんこさんはスカトロだけじゃないんだということを声をににしてゆいたいんです。うんこなだけに。まあ、

「圭ちゃんは?」
「え?最近あんま知らないけど白子でも食べてるんじゃない?」

とか、

プッチモニは終わったんだ。マコっちゃんがメンバーになった時点で。

あたりはいつものうんこ節って感じですが。

世が世ならいちごま小説の名作として後世まで語り継がれる一作になっていたのではないでしょうか。かなり言い過ぎたような気がしますが。でもうんこさんヲタになって本当に良かったと思わせる話でした。これはホント。