Archive for 11月, 2011

忘却の彼方

土曜日, 11月 19th, 2011

帰ってきた!
帰ってきたんです!!

って福田明日香のことじゃないですよ。ついに飼育wikiが帰ってきたんです。これでやすみよ登録し放題ですね。と書いたまではいいんですが自分が大してやすみよ好きじゃないことに気づき愕然としてしまいました。とか言いつつ例のエロスレには2作ほど投稿してるんですが。オイルレスリングとポッキーのやつです。某所で「どこからどう見てもぴけさん」とかモロバレしてて悔しかったので墓場まで持っていくつもりでしたが、飼育wikiが再開したのでどさくさ紛れにカムアウトしてみました。

飼育wikiが再開ということは、休止から今まで入ってきた新ハロメンの頁や彼女たちが主人公の話を登録することができるわけです。ぬっちするのに検索するのに便利になるわけです。もう誰が誰をどう呼んでるか悩み無用リーブイズワンダホーですね。

というわけで早速編集しに行ってこようと思ってます。どこを?自分の頁を。

生温い季節

火曜日, 11月 15th, 2011

例の狼の飼育スレで、飼育スレに活気が出てきた頃から新スレの立て率が増加してる、みたいなレスがあったので、ざっくり見てみました。確かに新スレ、増えてますね。キャラクタさんが今でも健在だったらトピックになりそうな話なんですが。飼育スレの影響のほかにも、9期のキャラが浸透してきたとか10期が4人も入ってきたりで書く題材が増えたとか、色々な要素はあると思います。

北風と太陽
http://m-seek.net/test/read.cgi/mirage/1319288699/176-185

タイトルからわかるように、ののたんの旦那は出てきません。たーくんのおちんちんからはミルクが出るんれすけどね、てへてへ。

しばらくにらみ合いが続いたあと、千聖が提案をしました。

「みやびちゃんのパンツを手に入れれた方が正しいってことにしよう」

桃子は難色を示しましたが、結局この提案を受け入れました。

この話の唐突さは間違いなくうんこさんでしょう。
みやびちゃんのおパンツなんて渡部くんに頼めばいくらでも貰えそうなものですが、安易な道に走らないのは女の勝負にとって大事な事なんですねきっと。

そうして、彼女は遂にある案を思い付きました。

パンツを脱がせるのではない、穿かせるんだ。

これは千聖版コペルニクス的転回と言っても過言ではありません。
平成のカントとは彼女のことを指すのでしょう。

脱がせるのが難しいのなら履かせればいいじゃない、とマリーアントワネットが言ったかどうかは定かではありませんが、結局脱がさなければいけないことに岡井ちゃんは気づいていないようです。どうでもいいんですが、岡井ちゃんのカントは臭そうですね。

そこで彼女はドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを使うことにしました。
彼女は大学で児童心理を学んでいるので、このようなことに対する知識はあるようです。

スワンプおまんの話でもそうだったんですが、うんこさんは一体こういう知識をどこで手に入れるんでしょうか。いや、おそらく私が不見識なだけだとは思うんですが、ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックを知っている人はいても、パンツを脱がせる話に応用する人はいないでしょう。

「ヤらせてニャン♪」

雅に会うなり急に言い出しました。
桃子は気付いていないみたいですが、この言葉は
ヤる=ニャンニャンを使ったかなりテクニカルなものでした。

この前のごきげんようの許してニャン♪で周りの人間を寒さのどん底に陥れた桃子ですが、まさか「許してニャン」と「ヤらせてニャン」の語感がここまで近似しているとは思いませんでした。さっそく道行く人に使ってみようと思います。

「ももの前で裸になってよ!」

ここで桃子は例の心理テクニックを使いました。

「それは無理。裸なんて恥ずかしい。みや体に自信ないし」

「しょうがないなぁ~、じゃあパンツ脱ぐだけでいいよ」

そういうと雅は黙って水色のパンツを脱ぎました。
桃子はバスケット選手顔負けのスティールを見せ、パンツを盗み取りその場から走り去りました。

なにがしょうがないのかよくわかりませんが、桃子は岡井ちゃんとの勝負に勝ったようです。みやびちゃんはしつこい桃子から逃れて幸せ、桃子は勝った上に10万円ゲットできて幸せ、岡井ちゃんはみやびちゃんのパンツでチサニーできて幸せ。登場人物がみんな幸せになるのって、いいですね

青い情熱

木曜日, 11月 10th, 2011

今日は11月11日、ポッキーの日です。れいなの誕生日とかどうでもいいです。
それより、狼の飼育スレが意外と好評なようです。

飼育(Musume-seek)を外部から語るスレ Vol. 7
http://hato.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1320938085/

飼育の復活は新メンバーが握っているとばかり思っていたんですが、まさかやすみよでこんなに盛り上がるとは予想もつきませんでした。何となく飼育の他スレの更新も増えてきているように思います。今まで保田さんは攻め一辺倒でヤスス受けの話はあまりなかったような記憶があるんですが、そんなヤススを受けにしてしまうみーよ、恐るべしです。さすが修学旅行で女同士で野球拳をしただけのことはありますね。

蜘蛛の巣
http://m-seek.net/test/read.cgi/mirage/1319288699/117-122

某所でうんこさんが書いたという情報を得たので早速感想を書いてみる事にしました。でもタイトルが1こ前に投稿されたやつと同じですね。いつかの企画で「いいんかい」という話の後にkらにょうさんが「よくねえよ」という話を投稿したのを思い出しました。

「裕ちゃん…ちゃんと良い人居たんだね…」
裕ちゃんとはもちろん大先輩の中澤姐さんの事だ。
先日、IT実業家に夜な夜なIT革命されている事がニュースになった。

さっそく時事ネタを取り入れてます。さすがは時代の風雲児です。全然話は変わるんですが、風雲児って「ふううんこ」とも読めますね。深いです。

仕方ないので足をM字に開いた保田さんの股間を
産婦人科の医者のように覗き込んだ。意外と臭くはなかった。
そして見事な蜘蛛の巣が張っていた。

意外と臭くはなかった、ってヤススのおまんまんを何だと思ってるんでしょうか。
決して中でホンオフェを熟成させてるわけではないんですよ。でも臭そうという一般的イメージにはついつい同意してしまいますけどね。

「お医者さんに行ったほうが…」
「駄目!見知らぬ人にこんな姿見られたら死んじゃう!」
死ぬなんて簡単に言わないでください。と言いながら
再びクリトリスをいじってみると死ぬほど気持ちいいと乱れ始めた。

お医者様でも草津の湯でもおまんまんに張った蜘蛛の巣を除去するのは難しいでしょう。それはともかく、死んじゃうと言いながらクリをいじられると死ぬほど気持ちいいといういつものうんこさん節。安定した笑いを提供できるのは素晴らしいです。

「保田さん…さては昨日野菜プレイしましたね」
「え?そう言えば昨日…きゅうりが無かったからメロンを」
「せめて棒状の物を入れてください」
取り出したメロンはスタッフが美味しく頂きました。

メロンなんて入るか!と思ったんですが、そう言えばあそこからは赤ちゃんが出てくるんですよね。頑張れば入るかもしれません。おまんまんにメロンが入ったから、今日はメロン記念日ですね。

ウソの日記

火曜日, 11月 1st, 2011

先日うんこさんの小説として自信満々に感想を書いていた話が実はうんこさんの話じゃないということがわかりました。

嗅覚
http://m-seek.net/test/read.cgi/mirage/1319288699/22-31

トイレを犯行現場に選ぶところとか、トイレに入ってるとのおまんまんに指が入ってるの掛詞、無理やりなオチ、うんこさん要素満載だったんですが見事に騙されました。なりきり企画だったらぶっちぎりで優勝できるくらいの完成度なんですが、騙された私はただのあんぽんたんです。

男のチョモランマを咥えるときの頬のへこみ具合と、
いやらしく粘着質な音を立てて頭蓋を上下させる裸の三好のことを思った。
三好のしとどに濡れそぼった陰部のことを思い、
うすちゃけたしわしわの菊門のことも思った。

そう言えばここの部分はちょっとうんこさんぽくないかもしれません。うんこさんは菊門みたいな表現は使わないですし。いやはや後から何を言っても負け犬の遠吠えにしかならないんですけどね。

にしてもがっかりです。何に?自分の鑑識眼のなさに。これまで日本一のうんこさん読者を自称していた私ですが、その名を返上しなければならないようです。梅しい。ああ梅しい。