Archive for 11月, 2010

シンパシー

月曜日, 11月 29th, 2010

三日坊主前提ではじめたこのブログも、かれこれ半年近く続いています。その甲斐あってか、1日50通以上のコメントがつくようになりました。

全部英文のスパムメールですが。

岡井ちゃんに雷が落ちた
http://m-seek.net/test/read.cgi/kinder/1123080897/348-377

うんこさんでは珍しいミステリー長編です。未完だけど。岡井ちゃんと梅さんという、当時の後ろのどうでもいい人たちにスポットを当てて話を書いているところに好感が持てます。

ある男が沼にハイキングに出かける。この男は不運にも沼のそばで、
突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばに落ちる。
なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥に化学反応を引き起こし、
死んだ男と全く同一形状の生成物を生み出してしまう。
この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う

まさかこの話にこんな設定があるとは思いもしませんでした。しかしうんこさんの話はこれだけでは終わりません。飼育の生きるレジェンドの本領発揮です。

「もっしかしてここは…」
岡井ちゃんはキューティガールズの時に愛理に絶賛された
綺麗な指先をもうひとりの岡井ちゃんの下着の中にすべりこませた。
そこはしっとりと濡れていた。
岡井ちゃんの指先をゆっくりと飲み込んでいく。
そうまるで沼のように。
「スワンプおまん…か」
岡井ちゃんは少し賢くなったような気がした。

いや、割とこの部分はどうでもいいです。ではなく、

目の前の梅さんは要領を得ない話を必死で繰り返した。
「えっとつまりちっさーは今はえりがちゃんで
えりかちゃんの中身がちっさーになってるの?」

つまり、岡井ちゃんと梅さんの中身が入れ替わると同時にもう一人の岡井ちゃんが誕生したということのようです。複雑です。どうでもいい人同士の中身を入れ替えることによって、感動的なストーリーを作ろうとしてるわけです。転校生と沼男のハイブリットなのかもしれません。頭がこんがらがりそうです。だからきっとうんこさんも途中で強制終了させたんでしょうね。納得です。

イミテーションリバイバル

日曜日, 11月 28th, 2010

企画まであと1週間を切ってしまいました。6期メンの卒業という大きな節目に開催するということで、一人でも多くの参加があればいいなと思ってます。

コヒー牛乳
http://m-seek.net/test/read.cgi/kinder/1123080897/331-335

タイトルがなぜコーヒー牛乳ではなくコヒー牛乳なのかは永遠の謎ですね。おそらく小比類巻かおるは全然関係ないと思います。

「え?という事は…なまちちじゃない人は…」
そう雅ちゃんはモー娘になれないという事です。
雅ちゃんは一生ベリーズ工房のままで昇格はありえないのです。
一生キュートの日陰の存在である地下アイドル
ベリーズ工房の3番人気なのです。雅ちゃんはがっかりしました。

そう言えばベリができたての頃に昇格やら何やらの話がありましたね。ただ今となってはAKBに入りたいエッグメンはいても娘。に入りたいハロメンはいないんじゃないでしょうか。入った途端に田中会に強制入会されそうですし。

心配になったので自分のおっぱいに触れてみた。
なかった。良かった。どうやら悪い夢は終わったようだ。

先日発売されたベリの写真集にて惜しげもなく晒された雅ちゃんの貧相な体を思い出しました。胸の栄養が全て顎にいってしまったのでしょうか。きっと本人はベロチューする間も惜しんでイソフラボンを摂取してるんだと思います。涙ぐましい努力ですね。

そこにあるのに透明だから

月曜日, 11月 22nd, 2010

企画スタートまで2週間となりましたが、何一つネタが思い浮かびません。困りました。

舌足らず
http://m-seek.net/test/read.cgi/kinder/1123080897/194-209

舌を使う事に熟練すればカツゼツが良くなるなんて、初めて知りました。今は亡き発掘あるある大辞典に特集が組まれていたかもしれません。雅ちゃんもあのベロチュー動画からして相当カツゼツがいいに違いありません。逆に言えばカツゼツが良くない子はセーフってことです。つまりゆうかりんは白!

それは何かと具体的に言うと滑舌が悪いのだ。
例えば「ベリーズ工房」。これを梨沙子が発声すると
「え?梨沙子何て言ったの?ペニス肛門?」
と聞き間違いされるほど滑舌が悪いのだ。

天才的な間違え方です。AV業界がぬっちしないことを切に願います。ペニース攻防とかあるかもしれないですけど。ってこれじゃアッー!になってしまいますね。

「さあ、梨沙子。言ってみて。ラルクアンシエル。はい」
「あなるあぬすれ・・・・・あれえ?」
おかしい。全く滑舌が良くなっていません。

どこをどう間違えたらあなるあぬすれになるのか理解に苦しみます。でもいいんです。きっとhydeも草場の陰で菊門をおっぴろげながら見守っています。

「雅ちゃんにはね、隠された本当のお口があるの」
「本当のお口?じゃあ・・・そこに・・・・・」
「そう。そこに大人のキッスをすればいいの」
ずっと雅ちゃんと一緒に要るのに知りませんでした。
早く雅ちゃんの隠されたお口を探さなければ。

もう言葉は要りません。隠されたお口は隠された奥地なわけです。人間は隠されれば隠されるほど、それを暴いてみたくなる。不思議ですね。

メロン記念日の一番長い日

土曜日, 11月 20th, 2010

心が交わると書いて心交社。良い響きですね。

村田さんの憂鬱
http://m-seek.net/test/read.cgi/water/1213040778/57-62

メロンのアンリアルな話というリクエストに対してのお話です。ただ、村田さんと言ってもこの人は村田歩美という人なので、メロン記念日の村田さんとは何の関係もありません。

「キュウリにね蜂蜜をかけたらキュウリの味になるんだって」
「ほんとに?今度試してみる」
「いや今試してもええんやで」
いきなり男の声がしたので驚いて振り返ると金髪のおっさんが居た。
「このキュウリに蜂蜜かけて食べてや。クリームでもええで。
ただし噛んだらあかんでちゃんと舐めてハァハァ」
それが能登の運命をかえる男との最初の出会いだった

どう見てもつんくっぽい人ですが、いきなりちんちんを出してフェラを要求とはぶっ飛んでますね。続きが気になるところですが、うんこさんの話で続きが書かれたためしがないので諦めろってことなんでしょう。

花火という名の共同幻想

金曜日, 11月 19th, 2010

今日は気分がいいので1日3回うんこさんの話を読んでみました。だいたひかるみたいな言い回しですが、最近見ませんね。どうでもいいですよといった感じですが。

DMC
http://m-seek.net/test/read.cgi/water/1213040778/85-90

中島早貴さんことnkskさんがデスノートならぬデスメールを打ってるという話が一時期話題になりました。アテロビとかガー4の時はきっと毎日のように打ってたんでしょうね。

友理奈とか小学校からの付き合いで昔は仲が良かった。
でも中学に入って次第に関係が変化してきたというか
どこか下に見られているというか見下されるというか
そんな気がしてあまり話さなくなってきた。
いつの間にか前のように友理奈と呼べなくなっていた。

中熊話ってとてもおいしいネタだと思うんですが、飼育ではあとはこの前の企画に出されたトレス井ちゃんしか見たことがありません。しかし2人の軋轢の原因が、熊井ちゃんのにょきにょきチャンピオン具合にあったとは。それでnkskは背伸びをして黒下着でヲタを誘惑したりしてるんでしょうか。背伸びする方向が間違っているような気はします。

「へい悪魔に捧げるぜベイビーベイビーみかんみかん。
溢れる果汁はお前の血へどさベイビーベイビー」

ここらへんとかDMCっぽいですね。しかしながらnkskは世界一みかんの似合う少女ですね。nkskがみかんを捨てる時、それはきっと処女を捨てる時なんでしょう。なむなむ。

波の音

金曜日, 11月 19th, 2010

某所でうんこさんの感想を書き終わったら次はしゃらさんの感想を書くんじゃないかという疑惑が持たれているようです。そこまで到達できればいいですね、と他人事のように言ってみます。

よしごまの需要なんかもうずっとないやん!
http://m-seek.net/test/read.cgi/water/1213040778/11-15

一応リクエスト形式と謳っているんですが、大谷さんがどうでもいい扱いになっているところがまたツボです。いや実際大谷さんなんてどう書けばいいのかわかりませんよね。マサオケツくらいしか言及することもないと思います。

よしごまとは何なのだろうか?
よし…みよし?三好!私の需要がないと言うのか!
私はガクガクと膝が震えるのを感じた。
確かに美勇伝解散後、自分の需要は無いに等しい。
しかしそれを仲間である岡田に指摘され
良いこと言うねえと石川に喜ばれているのだ。許せない。

史実では岡田さんのほうが需要がなかったみたいですが、だからと言って三好さんに需要があるのかと言えば非常に微妙な話です。クレオパトラみたいな目にしたってダメなものはダメです。

岡πはこれからも梨華ちゃんと一緒に居ろというのだ。
それは美勇伝をこれからも続けろと言ってるも同然。
それは私には死よりも辛い。

お前も美勇伝にしてやろうか!という名台詞が聞かれなくなってから随分経ちますが、やっぱりあのバニー姿や露出の多い服は罰ゲームそのものですよね。あれが一体どこの層に受けていたのか、とても気になります。

『犬と猫』

金曜日, 11月 19th, 2010

1日あたり50通近くのスパムメールが来るので誰か長い私を止めて下さい。ちょうだいあの長いビルをでもいいです。

パジャマでお邪魔
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/478-518

うんこさんを代表する一作と言ってもいいのではないでしょうか。理由は後述しますけど。とにかくすごい。そしてすごいスカトロです。雅ちゃんと桃子の繰り広げる心理戦はスカトロ版カイジと表現しても過言ではないかと思います。

寝る前に牛乳を飲むと気持ちが落ち着くよく眠れると言うし
恐らく眠れない雅を見て桃子なりに気遣ったのだろう。
「ありがとう桃子ちゃん」
まだ早朝じゃないからどこかの家から盗んだわけではない。
そう信じて雅は飲んだ。美味しかった。

だがその数十秒後だった。お腹で雷様がごろごろと音を立てた。
まるで臓器移植した直後のような違和感が雅のお腹を襲った。

臓器移植したことないんでよくわからないんですが、凄い下痢というのは理解できます。それにしてもたかがパジャマのために平気な顔して下剤を盛る桃子、さすがですね。

もしかしてこれが恋なの?
雅は自分の中に芽生えた気持ちに戸惑った。
ずっと桃子ちゃんをライバルだと思ってた。
でもそれ以上に桃子ちゃんの事が・・・・・。
「桃子ちゃん・・・・私、桃子ちゃんの事が好き・・・・」
雅は自分の気持ちをうんこと同様に抑えられなかった。

便意と好意は似てるんですね。私もこれで学びました。今度意中の人にうんこしながら告白しようかと思います。懸垂しながら告白する以上にセンセーショナルな告白方法だと思います。

「・・・・・助かったあ・・・・」
雅は放心状態でほっとため息をついた。臭かった。
「助かっちゃった?じゃあ雅ちゃんとどめだよ」
「え?桃子ちゃん。ちょ・・・・」
桃子は雅の顔にまたがった。そして勢いよく放出した。
それは雅の比ではなかった。

「いやああああ!」
雅は全てを顔で受け止めて絶叫しながら果てた。

凄まじいです。心なしか画面も茶色く香ってきそうな感じです。生きることが戦うことならば、うんこをすることもきっと戦うことなんですね。うんこ戦士よ永遠なれ。意味わかんないですね。

日 常 に 生 き る 少 女 × 2

木曜日, 11月 18th, 2010

みなさん大して興味もないかとは思いますが、日々の記事のタイトルは紹介するうんこさんの話にあわせて過去の企画作から選んでます。今回で言うと、6期ものの話なので「日 常 に 生 き る 少 女 × 2」なわけです。れいながいないのは気のせいです。大体れいななんてどうでもいいじゃないですか。

事件なのれす
http://m-seek.net/test/read.cgi/black/1107022804/212-271

元刑事の中年が挑む難事件、凶暴な光を湛えたナイフ、少女の悲鳴。一見すると北方謙三的ハードボイルドの世界ですが、安心して下さい。れいながうんこみたいな扱いを受けながら恥ずかしい目に遭ういつもの内容です。

「れいな、悪いけど絵里はそんな下着の色は嫌い。ね。さゆもでしょ?」
さゆはコクンとうなずいた。
「嫌い。さゆはピンク色が好きなの」
れいなが呆然としていた。沈黙が流れる。
仕方ないので私は絵里にどうすれば良いのか問うた。
絵里はうへへへ。と笑いながら言った。
「下着脱いじゃいなよ。そしたらピンク色でしょ。あそこが」

いやはや、一休さんが橋の端を歩いた時のような衝撃ですね。確かにおまんまんがピンクなら条件に合いますね。ただ、

犯人のエスカレートする要求に腹を立ててしまった。
こんな女のおまんまんがピンク色のわけがないじゃないか!

ですよね。博多のトンコツスープですっかり汚れきってしまったれいなのおまんまんがピンクであるはずがないんです。きっと煮染めたチャーシューみたいな色に違いない、うんこさんはそう言いたいんだと思いました。

ところでこの事件なんですが、解決するどころかれいなが何故かM字開脚するところで終了しています。開き直ったかのような投げっぱなしに、かえって潔さを感じました。

カラフルライフ

水曜日, 11月 17th, 2010

最近はうんこさんの話しか読んでないので、基準がすっかりうんこさんになってしまいました。なので企画をやっても「なぜここでおまんまんをさらけ出さないんだ!」「ここはうんこを漏らすところだろうが!」などという理不尽な感想しか書けないかもしれません。

こころのたまご
http://m-seek.net/test/read.cgi/dream/1084720544/740-749

今や汚れアイドルとしてすっかり有名な有原さんが登場するお話です。そう言えば愛栞なんてジャンルもありました。栞菜はガチレズなんて言われていたのが遠い昔のようです。

身悶えるとはこういう状態を指すのだろうか?
下着を乱し芋虫のように床に這いつくばって
舞美ちゃんの衣装に顔をすり寄せて栞菜は気色悪く笑っていた。

たかが鼻くそをほじるのに下着まで乱すって、どういうやり方をすればそうなるんでしょうか。セクシーじゃんけんならぬセクシー鼻くそほじりってことでしょうか。字面からして全然セクシーじゃないですね。

私の中で何かが生まれた。硬い殻が割れて何かが飛び出してきた。

確かしゅごキャラ!にもそういう場面があったようなないような。しかし生まれるとか飛び出るとか、たまごってなんだかいやらしいですね。たまご企画がもし本当に実現していたら、きっとうんこさんの独壇場になっていたんじゃないでしょうか。

魔法のおまじない大作戦

月曜日, 11月 15th, 2010

企画がまたはじまるみたいです。
えりりんの卒業に合わせたのでしょうか、開催期間はやや長めのようです。今回はオムニバスですし、ある程度の作品数は集まるでしょう。もちろん複数投稿なんてしないよ!